アトラスのキャッシングは安全だといえる?

キャッシングベスト3

口コミから見る限りアトラスのキャッシングは安全だといえる?

口コミから見る限りアトラスのキャッシングってヤバイでしょ?大丈夫だという意見も聞くけど本当なのですか?

沖縄県のアトラスは沖縄県知事登録の正規業者ですから、安全です

キャッシングをする方法には幾つかの種類が考えられます。まずはクレジットカードに付いているキャッシング枠を利用する方法。クレジットカードを発行してもらうとほとんどの場合、ショッピングの際に利用するショッピング枠の他にキャッシングローンに相当するキャッシング枠が付帯しているようです。その他に銀行や信販会社、そして消費者金融業者などがキャッシングサービスを提供しています。

銀行と消費者金融業者とはしばしば提携してカードローンを発売していたりして、区別が明確にならなくなってきましたが、それでも銀行が自行でカードローンを発売しているプロパー系、そして銀行の保証会社に消費者金融業者がなって、消費者金融並みの審査を実施する実質銀行系カードローンといった種類があります。中にはかつての消費者金融業者が銀行カードローンのブランドになっているものもあり、状況は複雑化しました。

そもそも消費者金融業者と言われている業者はかつてサラ金とか、まち金などと呼ばれていた業者です。個人向けの無担保・無保証のキャッシングに事業を展開することから歴史が始まっています。そのような業者は金融庁の指導・監督を受けるのであり、貸金業法の適用のもと営業することになっているのです。貸金業法は内閣総理大臣または都道府県知事の登録をすることが義務づけられています。

このような合法的な消費者金融とは別に、ヤミ金と一括される業者が存在することが確認されています。これらの業者は、合法的に営業している正規の事業所といった実績を伴わないままに登録番号を取得している場合や、あるいは登録そのものをしていない業者などを指しています。つまり違法事業をしている貸金業者をヤミ金というわけですね。ですから正規の消費者金融とヤミ金とはまったく異なるものだということになります。

株式会社アトラスという消費者金融は現実に存在しています。金融庁が提供している貸金業者の登録情報検索によれば、沖縄県知事の登録を受けたれっきとした消費者金融なのです。しかし、「アトラス」という名前がくせ者なのです。要注意なのです。正規の消費者金融業者である、株式会社アトラスは沖縄県でのみ営業しているのです。

つまり沖縄県以外での営業を展開している「アトラス」と名乗る業者は少なくないようなのです。彼らの事業所名称や事業所所在地は不明確な場合が多いようですが、少なくとも沖縄県以外にあることを告げています。ほとんどの場合事業所の実態が確認できないので、名称を特定することそのものにもあまり効果が上がりません。なので利用者は自己防衛をする必要があるのです。

ヤミ金のパターンとしては短期高利貸しと呼ばれ、キャッシングに対して法外の利息を設定して元金の何倍もの返済を要求してくるような業者がよく知られていますが、中には詐欺まがいの業者も見られます。彼らの手に掛るとそもそも必要な金額を貸してくれることもなく、ただ別の場所からの借金が増えてしまったなどという被害が報告されているのです。

金融庁では登録されている消費者金融業者を検索することができるようになっています。照会できる情報には正式名称、登録番号、所在地などが含まれており、登録番号から正規の業者であるかを判断することができます。アトラスという名称に限って検索すれば、沖縄県知事の登録のみが確認できます。つまりアトラスは知事登録なので他府県では営業できないということになり、他府県のアトラスはヤミ金の類いだとわかるのです。

貸金業者アトラスからのキャッシングの口コミは?

株式会社アトラスは沖縄県沖縄市にある貸金業者です。登録番号が沖縄県知事(2)となっていますので、創業から少なくとも6年以上が経ち9年以内であることがわかります。株式会社アトラスに関するキャッシングの口コミは見ることができません。またホームページもないことから、全国的に展開している貸金業者ではないということがわかります。
(⇒キャッシングの口コミを利用してカードローンを見分ける方法

沖縄は全国的に見ても債務事故が大変多く、多重債務や自己破産などが年間120%から140%の伸びを見せていた時期も長く、特に債務問題を抱えている県として民間団体も改善に乗り出していました。原因は「保証人や名義貸し」「生活費」「事業性資金」でしたが、自己破産が多かった背景には「それ以外の手段による解決方法が浸透してなかった」という理由があります。様々な解決方法が提案されてからは、自己破産の増加傾向も徐々に落ち着き、いまでは減少傾向になっています。

そのような沖縄にあって中小の貸金業を営むにあたっては、地域密着型で小口融資、柔軟な審査にポイントをおいた経営方針を持っている業者が伸びているということもあり、株式会社アトラスもそのような中小の貸金業者ではないかと予測できますが、定かではありません。

ただしここ数年、同じ商号を語る闇金が横行していたということもあり、「アトラス=闇金」という口コミがあったというのは事実です。実在の登録貸金業者の商号と登録番号の詐称しての闇金営業を行っていたものですので、沖縄の株式会社アトラスと偽っていたことは明白です。

手口としては「審査なし」のDMを破産者などに送り、いざ連絡を入れると「1万円を融資して1週間後には3万円を返済しろ」というものでした。大変な暴利ですが被害者は多く、そのため本家本元が闇金だと歌わがれるようになったことは容易に察しが付きます。ただし本家本元は一度更新していますし、沖縄以外に営業所を持たないことは貸金業登録番号から見てもわかります。闇金とは全くの無関係であることが確実です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.