手数料なしのキャッシングに対しての考え方

キャッシングベスト3

手数料なしのキャッシングは金利が高くても利用すべき?

銀行や消費者金融の中には、利用する場所によって手数料がかからないものがあります。そういった金融機関の借り入れは、たとえほかの金融業者に比べて金利が高くても、優先的に利用したほうがお得になるんですか?

重要なのは手数料ではなく自身の端末利用回数です

手数料と金利の比較については、多くの人が抱く疑問といっていいでしょう。手数料が無料になるということは確かに魅力的ですが、そこだけに囚われてはいけません。例えば、仮に手数料が無料になるといっても、その手数料がかかる行為、具体的には借入れと返済の行為を1回ずつしかしなかったら、その手数料無料の恩恵をほとんど受けることができないことになります。手数料に気を取られることよりも自分がどのくらいの借入れと返済をするのかの方が重要です。

金利が高いといっても、銀行と消費者金融の比較でなければ、それほど大きな差はありません。特に、借入金額が50万円以下の場合、どの金融業者もほとんど法定金利上限に設定しているため、金利が低い場所を選ぶということ自体ができないことが多いです。消費者金融同士で比較するのであれば、自分の住んでいる場所に一番都合がいいところを選ぶのがいいでしょう。手数料については、自分の端末利用回数が多い場合は、ATMの手数料無料は相性がいいサービスになります。それ以外であれば、手数料云々はそれほど気にすることはないと考えられます。

【参考ページはこちら】
クレジットキャッシングと銀行ローン、どっちがお得?

キャッシングの手数料なしで提供いしている会社を選ぼう

お金を借りる方法でも特に手軽な方法といえばキャッシングがあげられます。まず担保の用意は必要ありませんし、小額の利用であれば本人を確認できる身分証明書などがあれば申し込み可能です。そして申し込みも来店の手間がなくインターネットから行うことができますし、その対応も迅速で、早ければ即日からも融資を利用することができます。

そして提携の銀行やコンビニATMから利用することができますので、ちょっとした用事や買い物のついでに利用できるのも便利と言えます。ATMでの操作は他の人に見られる場合もありますが、その際も通常のATM操作であるか、借り入れであるかは他の人にわからないので安心して利用できます。コンビニでは夜遅くにも対応できるとても利便性に優れたサービスですが、やはり利用するとなると気になることもあります。それはATMを利用するのに必要な手数料です。

ATMはお金を出し入れするのにとても便利な存在ですが、キャッシュカードの場合はやはり土日に利用すると余計な手数料が必要となり、やはりもったいない、できるだけ余計な手数料は払いたくないという方も多いのではないでしょうか。キャッシングを利用する場合は借り入れや返済でよくATMを利用するようになりますから、やはり手数料については調べておきましょう。

手数料は1回あたり100円~200円程度と高い金額ではありませんが、何度も使うとなると長期ではかなりの金額となる場合があります。キャッシングを利用すると必ず返済をしなくてはいけませんし、さらに元金だけではなく利息も支払っていきますので、できることなら余計な手数料は払わずに済むほうが良いものです。

キャッシング業者は手数料なしで対応してくれるところも多くなっていますので、業者を選ぶ際はこうした部分もよく確認しておきましょう。ATM手数料が必要ないとなると、休日にお金が必要な場合も、キャッシュカードより手数料の必要ないキャッシングのほうがお得に利用できる場合もあります。申し込みの際は利用方法を公式サイトなどでよく確認し、ATM手数料なしで利用できる業者であるか調べておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.