キャッシングとローン。違いはどこにあるか

キャッシングベスト3

キャッシングとローン。その違いはどこにあるというのでしょうか

会社勤めを始めたばかりで、まだまだ勉強中です。いろいろとコマーシャルを見ていると、キャッシングとかローンとかなどという言葉に出会いますが、どう違うのでしょうか。どのように使い分けているのでしょうか。よろしくお願いします。

キャッシングは使い方、ローンは返済の仕方のことと考えましょう

キャッシングとローン。頻繁に耳にする言葉ですね。どちらもお金を借りるときに使われる言葉です。基本的な言葉ですがあまり明確に区別できるようには使われていないようです。一度ここで復習してみましょう。どちらも金融で用いられる言葉ですが、特に少額の個人向け無担保・無保証人の金融サービスで主に用いられる意味を主体にして考えてみます。

キャッシングとはお金を都合すること全般を意味します。友達同士でお小遣いを融通したりすることも、含めて一時的な金銭的不足を補うためにお金を貸し借りすることを意味します。通常銀行や消費者金融などが発行しているカードでATMなどから現金を引き出して使うサービスを指してキャッシングと呼んだり、あるいは店頭で申込みして現金を借用するサービスの利用を意味します。

キャッシングと言う場合、本来一括で返済することになっていました。しかし、いつも一括で返済するのであれば、使用できる用途が限られてきます。その不都合を取り除く為に考案された商品がローンと呼ばれるものです。物品・金銭を限らず、分割して返済する場合にローンという名前を使用します。例えば自動車ローンや学資ローンなどいうものです。

キャッシング・ローンと呼ばれる商品も以上のことを踏まえればどのようなものであるか想像がつくでしょう。つまりキャッシング利用に対してローンで返済することを意味します。これには例えば、銀行が提供しているフリーローンという商品が挙げられます。目的を特定していませんが、希望する金額のキャッシングを申込み、その後に分割で返済していくという使い方になります。

さらに進化したキャッシング商品として登場したのがカードローンと呼ばれるものです。これは銀行を初め、消費者金融業者もそれぞれに工夫を凝らしたものを提供しています。申込みに対して提供されるものは、キャッシングそのものではなく、カードが渡されることが特徴です。そしてそのカードを使用してキャッシングを行なうのです。ですからカードを所有しているだけでは借入したことにはならないということが特徴です。

カードローンには利用限度額が設定されており、基本的にはその限度額以下であれば何度でもキャッシング・ローンとして利用することができます。その他のキャッシング・ローン商品と同様のサービスに思えますが、必要になった時に申込み、審査をしなければならない、といった煩わしさがなく必要な時に手軽にキャッシングすることができるという点が評価されて、現在主流になってきているのです。

カードローンにはさまざまなスペックが用意されており比較的少額の利用限度額から銀行系のカードローンのような大型のものまで様々です。スペックをよく検討して利用することが望まれますが、大切なのは利用後のローン返済です。ほとんどの場合、リボルビング形式を採用していますが、これについてもカードローン毎に少しずつ方式が違っていたりしますので利用申込みの前によく調べてください。

ちなみに銀行系カードローン、消費者金融系カードローンという区別をしている場合もあります。しかし、これらの区別は銀行と消費者金融業者とが提携によって事業展開する形式が普及してきたこともあって、あまりすっきりとした区別はできなくなってきました。

【参考ページはこちら】
キャッシングローンとキャッシングとの違いについてさらに詳しく

キャッシングとローンという言葉の意味の違いとは何か?

私たちの暮らしは常に何らかの出費に満ちています。自宅の家賃や食費、各種ローンや税金の支払い、家族のリクリエーション、旅行、友人同士の飲み会などに至るまで、その時々に応じて思いがけない出費が舞い込んでくるものです。もしもこういった時にどうしてもお金が不足する事態が生じたならば、銀行や消費者金融の借り入れサービスを活用するとよいでしょう。
(⇒クレジットキャッシングと銀行ローン、どっちがお得?

こういった金融機関の借り入れサービスをめぐっては、キャッシングとローンというふたつの言葉が混在して使われています。果たしてこれらにはどのような違いがあるのでしょうか。まずはっきりと言えることは、キャッシングもローンも共にお金を借りるという意味を示していて、その意味ではほとんど大差がないということです。

ただしローンという言葉の方がより広い意味で、細かな借り入れ方法をすべて包含した状態で用いられることが多いのも事実です。それゆえ、キャッシングもこの言葉の範疇に含まれて解釈されることが多いでしょう。他にも自動車や住宅を購入する際、複数の借り入れを行っているものを一カ所の借り入れによってすべて一旦完済させる場合、不動産を担保にしてお金を借りる場合でもこの言葉が用いられることが極めて多いです。

それに対してキャッシングとは、お金を借りると言う意味を持ちながらも、同時に、金融機関からのひとつの借り入れ方法として理解される場合もあります。たとえばカードローンなどといつもセットで取り扱われることの多いキャッシングという借り入れ方法においては、まずネットや電話などで然るべき借り入れ申請を行います。この申請時に記載した氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの個人情報について入念に審査された上で、これが借り入れ規定に沿っていると判断されたならば融資が確定し、原則として即日中に銀行の預金口座に必要額がそのまま振り込まれるのです。この審査時間も30分から60分程度と実にスピーディーなので、今日や明日にでも必要なお金を賄う時でも十分に余裕を持って対応する事ができるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.