キャッシングと融資の違いって良く解りません教えて下さい

銀行の場合に融資って言うのかと思っていたら、消費者金融のホームページにも即日融資ってありました。でもキャッシングって言葉もあります。融資とキャッシングはどう違うんですか?

広い意味では同じ様な意味合いですが実際は違います

キャッシングと融資の違いって良く解りません教えて下さい!という質問をたまに見かけます。確かにカードローンの世界の用語には、似たような意味の言葉が多いのも事実です。融資は資金を融通する事で一般的には銀行などの金融機関が、お金を貸すという事でローンと同じ意味です。そしてキャッシングは、お金の出し入れをキャッシングと言います。銀行預金をご自分のカードで引き出すのもキャッシングです。単純にお金を借りるのをキャッシングと呼んで問題ありません。要はお金の出し入れは全てキャッシングでもいいんです。

これに比べて融資は、お金を融通するという事で元々は銀行が貸し出すという専門用語の様に使われていましたが、カードローンが出来てから即日融資という風に貸し出し一般を表すようになりました。話を整理しますと融資はお金を貸す事と借りる事の両方の意味につかわれます。カードローンは純粋にお金を借りるという意味になります。キャッシングは広い意味でお金の出し知れに関する事は全部キャッシングと呼ぶ事が出来ます。

でも、カードローンでキャッシングと言うと、クレジットカードのキャッシング枠を使ってのキャッシングつまりお金を借りるという意味にも使われています。ですから実際は結構、混同して使われており、文章の意味を理解して判断される場合も多いです。例えばカードローンでキャッシングするという具合にです。言葉の適用を間違えて大きな問題になる事はないのは、元々同じような意味を持っている言葉だからです。

この様にカードローンには、業界用語・専門用語のようなものがあります。例えば返済の遅延と延滞は意味が違います。遅延は送れて返済する事で、延滞は、未だ返済していません。貸付利率、金利、利息なども混同して使われていますが実用上は同じ意味です。あるいは、借り換えローンとおまとめローンは、実は同じ様なもので、やり方が少し違うだけです。このように、アレっと思う用語は意外と沢山あります。少しでも、そういう言葉を理解していれば、カードローンに対する理解が進んで、さらに上手に利用できるようになりますね。

【参考ページはこちら】
銀行融資と違って消費者金融の借り入れは速い?

キャッシングと融資の違いは様々な違いが有ります

よく耳にするキャッシングと融資と言う言葉ですが、この二つの言葉の違いを説明出来る人はどの位いるのでしょうか。キャッシングも融資も大きく言えば借金を綺麗に表現した言葉ですので、細かく違いを説明出来る人はその業務に就いている人と融資を受けた事が有る人以外の人はなかなか説明に困ると思います。

キャッシングと融資の違いは様々有りますが、まず挙げられるのは借りるお金に目的が有るかどうかです。キャッシングと言われる物の多くは銀行で言うフリーローンと言う物にあたるのでしょうか、生活に困った時や急にお金が必要になった時に素早く借りられる物が多いです。それに対し融資は事業資金などの目的が有りその為に申し込み、細かい審査を通って借りる計画的な借金が多いイメージが強いと思います。

そして金額の違いも大きなポイントでキャッシングの多くは小口の物が多く、毎月の返済額も大きな金額にならないのも特徴です。しかし借り過ぎると金額が大きくなりますので注意が必要で、最悪キャッシングの返済が滞り自己破産と言うケースも有りますのでキャッシングと言えども計画的な使い方は大事な要素です。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシングで返済できなくなったらどうしよう

一方融資の方は事業資金や車や家の購入の際に申し込みをするケースが多い為、毎月の返済額もキャッシングとは比較にならない位大きくなります。しかしどうしても必要なお金ですのでやむを得ず申し込みをしている人も多く、事業が軌道に乗るまでは毎月のやりくりがかなり苦しくなっている人もいるのも確かです。

しかし最近はキャッシングと融資の違いも大分薄れてきている部分も有りますので、昔は銀行で大金を借りる時に融資と言っていたのですが、最近では銀行の審査も厳しくなってきていますので消費者金融でも事業用の融資のサービスも提供していますが消費者金融の融資は金利が高いので軌道に乗るまで会社が持たないケースも多く、最近では一本化サービスを行っている銀行の融資を使う人も多く見かけられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.