カードローンとキャッシングの違いは何か

キャッシングベスト3

同じでしょ?カードローンとキャッシングの本当の意味と違い

友人の結婚式がまとまってあり、お祝い金や自分たちの服代など、合計すると30万円近くの予算が必要になってしまいました。そんなお金もなく、お金を借りて分割で返済しようと思っているのですが、妻に「カードローンにするの?キャッシングにするの?」と聞かれ、「アレ?同じでしょ?」となり、どっちにすれば良いか分からなくなってしまいました。カードローンとキャッシングに違いはあるのでしょうか?

本来は全く違うものだったのですが、最近は…同じですよね

カードローンとキャッシングは同じだと思っている人は本当に多いと思います。特に最近、キャッシングを使い始めた人は同じだと思っているでしょう。消費者金融、銀行、クレジットカード会社などの貸金会社からお金を借りて返済するというのは、カードローンもキャッシングも同じなのですが、それ以外に関しては本来は全く違うものなのです。

まずはカードローンですが、そもそもローンって何でしょう?ローンと聞けば住宅ローンや自動車ローンを思い浮かべませんか?そうなんです!ローンというのは、ある目的があって、その目的の為だけにお金を借りる事を言います。(こちらもご参考にどうぞ→使用目的が自由なフリーローンとキャッシングとの違い)目的以外にお金を借りる事はできませんし、追加で融資をしてもらいたい時は、もう1度審査を受けなければいけませんでした。

ローンの返済方法は分割払いやリボ払いです。「毎月何円ずつなら返済できるなぁ。」と返済可能額から返済期間が決まったり、「何年以内に絶対に完済したい!」と返済期間から返済額が決まったりするのが一般的ですね。ローンは一括返済ができないような高額な物を買いたい場合に利用する方法だったのです。カードもなかったんですよね。主に銀行です。

次にキャッシングですが、お給料日前などに「お金がなくなってしまった!まだ予定があるのに…。」という時など、お給料など収入が入る見込みがあって、それまでの急な出費に対応して借りるのがキャッシングです。前借みたいなものですね。すぐに返す見込みがある時に借りる方法です。銀行口座への振込みかカードを利用して利用可能枠内なら何度でも借りる事が可能です。原則として、すぐに返すので一括返済が返済方法でした。主に消費者金融です。

それが最近ではローンもカードを発行し、使い道が自由でもOKという物が増えています。枠を設けて、その範囲内なら何度でも借りる事ができるようになっているカードローンも多いです。また、キャッシングもお給料などで返せない金額であっても、数回以上に分けて返済ができるようリボ払いや分割払いになってしまいました。なんだか、結局はどっちも同じなのでは?というようになってしまったんですね。

キャッシングよりも銀行のローンの方が金利が安いのが一般的ではありますが、カードローンという形になった今では、目的別のローンでない限り、キャッシングとそれほど変わらなくなってしまったのも事実です。どこで借りるのかという差くらいしか、ぱっと見ただけでは判断がつかないでしょう。

なので、カードローンでもキャッシングでも、お好きな方を選択すれば良いと思います。念の為に両方の資料を用意して、金利などをチェックした方が良いかもしれませんね。どちらにしても分割やリボ払いにするなら、生活を圧迫させてしまう可能性もあるので、なるべく追加でキャッシングするなどにならないように注意しながら、計画的に利用してくださいね。

【参考ページはこちら】
消費者金融とキャッシング会社の違いが分からない!

カードローンとキャッシングの違いについての解説です

業界の人でもない限りカードローンとキャッシングについて正確に知っている人はいないはずです。もしくは真剣に考える人もいないはずです。利用者にとって大切なことは「お金が借りられるかどうか」であり、そして「できるだけ低い金利」ということだけだからです。

利用者にとってはこの2つの点が重要ですので違いについてはほとんど問題がありません。ですが、違いを知っていることで有利な条件でお金を借りられることがあるかもしれません。今の時代は知識の有無が損得に直接つながることがありますので知識を身につけることは悪いことではありません。結論を先にいってしまいますと、この2つに実質的には違いはありません。今の時代は両者が同じ機能を果たしています。では、なぜ違う名称があるかといいますとそれは現在に至った経緯に違いがあるからです。

カードローンという言葉の響きから連想するのは銀行を中心とした金融機関です。ですから、基本はお金を貸すこと、難しい表現をするなら融資を行うことが本来の目的であり主な業務です。

こうしたことから融資する金額は少額なものから大口まで範囲が広くなっています。こうしたことから返済方法は基本的にリボルビング払いとなっているのが普通です。リボルビング返済にもいろいろなパターンがありますが、共通しているのは毎月少しずつ返済していくことです。あとひとつ大きな特徴をいうなら、限度額が大きくなるにつれて金利が低くなることです。数百万円になりますと金利も一桁になるのが普通です。

次にキャッシングについて説明します。キャッシングという言葉からイメージするのはやはりクレジットカードです。(こちらもご参考にどうぞ→クレジットカードキャッシングとサラ金との違いは?)クレジットカードとは信販会社が発行するものですが、ショッピングの際にお金を立て替えることが当初の使われ方でした。しかも、当時は一括払いが基本でした。そうしたことが発展してお金も貸すようになって現在に至っていますが、カードローンとの一番の違いは融資額の限度額にあります。キャッシングは50万円くらいの小口融資は基本です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.