銀行とサラ金はどこが違うのでしょうか?

キャッシングベスト3

銀行で借り入れキャッシングするのとサラ金でするのは違いますか

24歳の公務員です。銀行のカードローンを利用した場合と、消費者金融会社のカードローンを利用した場合はどこが違うんでしょうか?

無担保のローンなら基本的には同じで金利が違うだけです

銀行での借り入れは、かって有担保が普通で保証人が必要な場合が殆どでした。その銀行融資とは別に消費者金融会社が無担保で保証人なしという信用貸しをしていたのです。その対象は、収入が安定しているサラリーマンでした。その為サラリーマン金融という言葉が略してサラ金という言葉になったんです。ところが、それも昔の話で、利息制限法の上限金利の20%を大きく超える利息を取って消費者金融会社が大きな利益を得ていた時代は遠い昔の事となりました。

現在、ほとんどの銀行が無担保、保証人なしのカードローンを提供しています。ですから現在、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの違いがあるとすれば、総量規制の対象かそうでないかの違いくらいです。それ以外に違いがあるとすれば、銀行の方が消費社金融よりも、金利が安く利用限度額が大きく、審査が厳しいという一般的な特徴ぐらいでしょう。さらに消費者金融会社も、相次ぐ賃貸し業法の改正によって業務改善を余儀なくされました。

その為、資本力のある銀行と合併したり、銀行の子会社になる消費者会社が出てきました。現在大手の消費者金融会社で純粋な消費者金融会社はごくわずかです。そういう意味では、銀行法で営業している銀行と提携しているという事で、信頼度が上がったという事も言えます。そう言う訳で、見かけは銀行のように見えても、消費者金融会社である場合もあります。

その為、消費者金融会社と見分けがつきにくい銀行系のカードローン会社もありますが、総量規制の対象外であれば銀行で、総量規制の対象であれば消費者金融会社というけ別の仕方が一番簡単に見分ける方法です。また銀行と消費者金融会社のどちらがいいのかについては、一般的には金利の安い銀行の方がいいでしょうが、これは利用者のニーズは幅広いので一概には言えません。大手の消費者金融会社もサービス内容を充実させて顧客獲得を企図しています。どちらがいいのかは利用者の方が、使い勝手をどう判断するかにかかっているでしょう。

キャッシングの借り入れ先の違いで重要なポイントは4つある!

キャッシングは様々な会社を選ぶことが出来ますが、借り入れ先の違いはどのような内容なのか?この点をしっかりと抑えておきますと、上手に申込先を選ぶことが出来ます。借り入れ先の違いで重要なポイントは4つあります。

まず最初に注目したいことは金利です。金利はキャッシングで借入した時の利息に大きな関係があるので、極力負担を減らしたいなら何よりも低金利を選ぶことが大事です。会社によってどのくらいの利率が設定されているのかは本当に様々です。しっかりと各社の利率を比較する必要があります。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシングの金利は0円にできる?

次にチェックしておきたいポイントは限度額です。限度額は基本的に審査で決まりますが、それ以前に最大極度額をしっかりと見ておかなければなりません。少額を借りる場合はほとんど関係のない話ですが、大きな金額を借りたいという人は最大極度額を見て、その金額が高額になっている会社を選ぶ必要があります。

上記の金利と限度額をチェックしてから、次に借入方法に注目すると良いです。キャッシングと言えばATMから借りることを想像しますが、会社によって利用することができるATMの種類が決まっています。コンビニでいつでも自由にお金を借りたいというなら、それが可能となっている会社を選ばなければなりません。金融会社によっては提携先がなく、自社のATMしか利用できないというところもあるので注意が必要です。失敗を防ぐコツとしては大手の金融会社を選んでおけば、どの会社でも提携先が多いのでコンビニからでも借入可能です。
(⇒新生銀行「レイク」のキャッシングはいくら借りられる?

最後に注目する点は返済方法です。この返済方法については分割や一括などの返済方式、銀行口座からの引き落としやATMからの返済などの返済方法の2つを見る必要があります。返済方式はリボや分割を使えるかどうかに注目しておくと良いです。返済方法は銀行口座からの引き落としが利用可能であり、任意返済でATMやネットからいつでも返済できる会社が便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.