キャッシング手数料は比較するべきなのか?

キャッシングベスト3

同じなんでしょ?キャッシング手数料って比較する必要はあるの?

キャッシングを利用するのに、手数料がかかるとか、利息がかかるとか言いますが、どこで借りたら損とか得とかってないですよね?みんな同じでしょ。よく「自分に合った会社で借りましょう。」とか聞きますが、自分に合ったって何でしょうか?キャッシング手数料や利息を比較する必要はあるのでしょうか?

比較しておいた方がよいですよ!損してる事もあります!!

気にしてなかったら「毎月何万円も損をしていた!」とまで大きな損得はありませんが、ちりも積もればですよね。借りる金額や返済にかかる期間によっては、最終的に何万円、何十万円と損をする事もあるかもしれません。大した差がないと開き直るもの良いですが、できるだけお得にお金を借りるならば比較しておいた方が良いでしょう。

比較をする方法は1社1社のHPに行って、1つずつチェックするもよし、比較サイトを利用するもよしです。ただし、比較サイトには気になる会社が乗っていなかったりもするので、別で調べなければいけない事もあります。比較サイトを利用して、気になっている会社はどうなのか比較する事は可能ですよね。

さて、キャッシング手数料というのは、実際に借りる金額(元金)以外に必要になるお金の事です。利息もそうですし、お金を振り込んでもらったり、ATMで引き出したりする時にかかる手数料もあります。どこの会社も同じだと思っているかもしれませんが、この様々な手数料が必要な会社もあれば、必要ない会社もあります。同じ元金でも、どれだけ手数料が掛かるかで、最終的な支払い額は変わってくるでしょうね。

まず、利息ですが、基本的に利息は借りたその時から掛かるのが当たり前です。ですが、初めての利用だけや、期間限定のキャンペーンなどにより、無利息な期間がある事もあります。無利息サービスが一切ない会社とある会社なら、ある会社の方が絶対得ですよね。

また、どこの会社で借りても、客から取っても良い利息の利率(%)の上限は決まっていますが、上限内であれば各会社が自由に決める事ができます。融資可能な金額によって金利を変動させる会社もあれば、固定している会社もあります。それほど高額な融資を希望しなければ18%前後になる事が多いですが、会社の中での最高金利を17%としている会社があったとすれば、この時点で1%お得になります。0.1%の差であっても、長期間利用すれば大きな差になる事もあります。

振込み手数料やATM利用手数料も会社によって様々です。金利の引き下げがあってから、完全無料という会社は少なくなってきたようですが、月に何回までの利用なら無料という制限がある事も多いです。また、指定する口座やATMなら無料という事もあります。手数料が確実に掛かる場合でも、108円と216円では全然違いますよね。

1つの会社だけをチェックして、金利が高いのが普通、手数料が掛かるのが普通と思っていたのに、他社ならお得だったなんて後悔する人も多いんですよ。100円200円なんて気にしないなら良いですが、少しでも気になるなら、比較してお得な会社を見つけたいですよね。

また、自分に合った会社を見つける方法の1つも、この手数料の有無が関わる事があります。例えば指定の口座を既に利用している口座として持っているなら口座を開設する必要もないですし、指定ATMが近くにあればラッキーですよね。該当すれば合った会社になるのでは?ATMは指定は無料でも提携は有料な事も多いので注意が必要です。

はじめて利用するならキャッシング手数料を比較する

金銭トラブルを解決するために有効的な手段がキャッシングです。即日で行っている企業もありますし、利便性の高さから利用をする人が増えています。利用する理由はさまざまですが、会社の上司からの飲み会に誘われたり、将来的な保険としてもっておいたり、生活費が足りなくて困っている人がキャッシングサービスを使ったりするのです。企業と正式な契約なので、トラブルに発展することがすくなく、利用もしやすいので利用者数は増えています。

初めてキャッシングサービスを利用するときには、おおくの知識が必要です。まずは企業の選び方ですが、大手企業を利用しましょう。誰でも知っている企業は、認知度が高く安心して利用をすることができます。(こちらもご参考にどうぞ→新生銀行「レイク」のカードローンでキャッシング)次に融資を受ける時には、利息も確認する必要がありますが、キャッシング手数料も確認しておきましょう。融資の方法は、インターネットやコンビニや専用のATMが一般的です。コンビニやインターネットの場合には、数百円の手数料がかかります。数百円であっても、何度も取引をしていればその金額は大きくなります。

利用をするときには、大手企業の中でもキャッシング手数料や他の項目を比較して検討すると良いでしょう。一番は金利ですが、金利が同じ場合には、手数料も比較するといいです。専用のATMを使えば無料のところや、一定の条件を満たしていると無料といった企業も多いです。自分で調べるのが大変といった人は、比較をしているサイトを閲覧することも有効的です。

申込みの方法は、いろいろありますがインターネットと無人契約機が主流です。利用者の情報と書類をみて、企業は融資を行うかをj判断します。妥当な返済能力があると判断されれば、融資を受けることが出来るのです。融資を受ける時には、なるべく無料になる方法を探してみましょう。キャッシングの利用が長期化するときには、手数料の代金も無視はできません。なるべく抑えることで、全体的な利用金額を抑えることができるのです。

【参考ページはこちら】
キャッシングカードの利用にはどんなデメリットがある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.