経営者に対する融資とキャッシングの違い

キャッシングベスト3

経営者に対しての銀行のキャッシングと融資はちがいますか?

中小企業を経営しているものですが、銀行の融資についてお聞きしたいことがあります。キャッシングをするときに、経営者の返済能力はどのように審査されるのですか?また、融資を受ける際の審査と、個人の借入の審査でそれぞれ焦点となるポイントを教えてください。

経営者の審査における返済能力は企業成績で判断されます

経営者は、金融業者の審査内容が、雇用労働者とは完全に異なります。それは、企業経営者は、給料という形で企業から報酬を貰わないからです。経営者は、従業員に報酬を支払う側なので、収入が審査の対象にならないのです。社長など、給料を支払う側が、お金を借入するときに、審査対象になるのは、その経営している企業の事業成績です。これは、個人の借り入れの場合も、企業融資の場合も同じです。違うのは、企業融資の方が、審査の難易度が高いということです。

融資の場合は、過去の事業成績にさかのぼって審査を受けるのが一般的です。つまり、以前からどのくらいの利益を上げているかということが焦点になります。起業しても間もない場合は、そういった資料がないため、事業計画書の内容が融資を受けるときにポイントになります。継続的に利益を出すことができそうかどうかを金融業者が判断します。個人の借り入れの場合は、過去の事業成績よりも現時点で返済能力を満たすだけの利益を上げているかが重要になります。そのため、継続的な利益を求められていない個人借入の方が、難易度は低いと言えるでしょう。それに加えて、借り入れができる限度額も融資の方が圧倒的に大きいので、その分審査も厳しくなります。

【参考ページはこちら】
キャッシングをする時のメリットとデメリット

本当にキャッシングと融資はちがいますか?

「キャッシングと融資はちがいますか?」と聞かれれば、その答えはYESです。ただ、イメージとしては同じお金を借りる行為です。ただ、キャッシングは民衆的なお金を借り入れするということで、安定した収入からの返済を期待しています。融資となると企業に貸し付けて、企業の利益からの返済を期待しています。その返済の期待の差が出ているのです。

「キャッシングと融資はちがいますか?」と聞かれれば、それは正しい疑問です。確かに金融用語は色々あり過ぎて、頭がごちゃごちゃになることもあります。ただ、そうした些細な区別もはっきりとしておかなくてはいけない時もあります。キャッシングと融資はちがいます。ただし、イメージとしては同じお金を借り入れることです。(こちらもご参考に→フリーローンとキャッシングにはどんな違いがある?

「キャッシングと融資はちがいますか?」と聞かれれば、多く人は「一緒のようなもの」と答えてしまうのではないでしょうか。しかし、キャッシングと融資はちがいます。やはり一般的に根付いているのは、キャッシングです。そして、企業を経営している人には、融資です。キャッシングというのは、それだけ収入から返済するお金を借りるということであり、企業というとこれから成長して稼いでいくために借りるものであるという区別がついています。そうした区別ははっきりと分けるべきです。

何故ならば、融資に必要なお金が銀行から借りることができなくてキャッシングローンでやりくりするようになってしまってはおしまいだからです。それはかなりの不利益になる事であり、万が一のことがあって破産してしまったら何もなくなります。融資だけでいけば会社が破産しても、個人の財産だけは守れるように株式会社法ではなっています。しかし、そこでキャッシングローンに頼ってしまうと個人の財産もなくなってしまいます。

「キャッシングと融資はちがいますか?」その答えはやはり会社に勤めているか経営しているかの違いです。そうしたものをしっかりと区別する必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.