キャッシングの手数料を少しでも節約する方法はありますか?

キャッシングを利用しようと思っているのですが、調べていると金利手数料がかかることが分かりました。借りた金額と金利手数料をあわせて返済しなければならないのは理解できたのですが、手数料をどうしてももったいなく思ってしまいます。節約する方法はありますか?

借入額と利用日数をできるだけ少なく

金利はキャッシングサービスの利用に際する手数料です。その金利の計算は以下のように行います。

利用金額×利率÷365日×利用日数

例えば利率7.0%で10万円を30日間キャッシング利用した場合

10万×0.07÷365×30

となり、金利は約575円になります。また、同じ条件で日数のみ10日間キャッシング利用した場合は

10万×0.07÷365×10

となり、金利は約191円になります。つまり、利用日数をできるだけ短くしたほうが、金利手数料の支払額は少なくて済むということになります。ただ、上の式を見てもわかるとおり金額と日数の部分はかけ算になっていますので、借りる金額を少なく、かつ借りる日数をできるだけ短くすると、手数料はより節約できると言えます。また、ATMでキャッシング利用をする際は「利用料」という形でまた手数料がかかってくるため、少しずつ借りるという方法はあまりお勧めできません。

そしてもう1つ、注意しなければいけない点があります。それは利率。キャッシングサービスにおいては、利率が○%~○%と変動しています。これはキャッシング利用の際の「利用限度額」に応じて利率が変動するためです。つまり、この利用限度額の設定が低いほど利率も低くなり、手数料が節約できるというわけです。

先述のとおりATMでの利用は金利とは別に手数料がかかるため、金利手数料そのものを節約するためには「限度額を低く設定する」こと、「あまり高額な金額を利用しない」、また「利用日数を1日でも短くする」、「こまめな借り入れや返済は避ける」といった工夫が必要です。

【参考ページはこちら】
手数料無料のキャッシングは金利が高くても利用するべき?

キャッシングを使うときは手数料がもったいないと考える

キャッシングを利用する人は、多いです。日本人でも5人に1人は利用をしていると言われているからです。その背景には、利便性が高いといったことが上げられます。利用をする理由も生活費が足りなかったり、子どもの養育費や会社から解雇されたなど、いろいろと考えられます。そんなときには、財布の中に一枚はキャッシングカードが入っていれば、安心をすることができるでしょう。万が一のときのための保険ともなります。

初めて利用をするときには、企業を選別しなければいけません。自分の利用状況に適した企業を選択するのが一番です。借り入れを安く抑える、緊急で素早くキャッシングをするといった利用状況によって、選ぶ会社は異なるでしょう。しかし、全ての人に言えるのが大手企業を選択するのが一番良いのです。サービスの質もよくて、安心と信頼感があるのが特徴です。テレビコマーシャルを頻繁に行っている企業は、全国的な知名度も高いです。

キャッシングを利用するときには、申込みが必要です。インターネット、無地契約機といった二つのサービスが主流となっています。スマートフォンはいつでもどこでも利用することができるから人気が高いです。タッチパネル方式は、直感的な操作をすることができます。利用者の返済能力が問題なければ、すぐに審査を通過することができます。審査に通過すると、カードをつかって、専用のATMやコンビニのATMからお金を引き出すことができるのです。

そのときには、企業に手数料を払う必要があるのです。コンビニのATMの場合には、時間や金額によって手数料の金額は違ってきます。(こちらもご参考にどうぞ→セブン銀行でキャッシングすると手数料はいくら?)これはもったいないので、同じ企業であっても一番手数料が低い融資の方法を利用することで、キャッシングにかかる費用を抑えることができるのです。利息だけでなく、手数料を減らすポイントやコツも一緒に学ぶと良いでしょう。手数料を減らすだけで、長期間利用する人にとっては、大きな金額の節約となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.