キャッシング手数料が場所によって異なる意味とは?

キャッシング手数料は、銀行であったりATMによって細かく違っていることが多いのですが、それはなんでですか?お金を貸し借りしているだけなんだから、どの場所でも同じ手数料にすればいいと思うのですが、どうして場所によって手数料が違っているんですか?

手数料は企業提携しているシステム利用料によって変わります

キャッシングなどの借り入れの手数料は、借り入れをしている金融業者とその利用者がアクセスした端末との間にどのような関係があるかによって変わってきます。よく手数料0円と謳っている場所がありますが、これは、企業間同士が提携しているために非常に低いコストで運用することができているためなのです。コンビニATMひとつとっても、その手数料には違いがあります。それは、特定の金融業者との間に、業務提携があるかどうかによってコストが変わってくるためです。

銀行のキャッシングの場合、手数料は、その銀行内の口座取引かそれ以外かで変わってきます。これに関しては、キャッシングに限らず、すべての金融取引にも言えることです。他銀行を介して行う金融取引は、相手の口座に送金するための手間がかかります。そのため、高い手数料が掛かるのです。消費者金融を利用する場合は、こまめにアクセスすることが多くなるので、できるだけ手数料が低い場所からアクセスすることが重要になります。下手をすると、金利よりも、この手数料の方が高くなるといったようなことにもなりかねません。(こちらもご参考にどうぞ→手数料無料のキャッシングは金利が高くても利用するべき?

キャッシング手数料の意味と利息との違いについて

まずはキャッシングについての説明から始めます。今の時代はお金を借りることができるところはいろいろあります。昔ですと、いわゆる消費者金融会社だけでしたが、現在は信販会社や流通業の会社や銀行などがあります。このほかに違法ではありますが、闇金融という金融会社もあります。いうまでもありませんが、闇金融を利用することは身を滅ぼすことにつながりますので注意が必要です。

それはともかくキャッシングとはお金を借りることです。先に説明しました流通業のキャッシングに関しては注意が必要です。流通業には買い物をするためにお金を貸すショッピング枠というものがあります。これもお金を貸すことですが、あくまで商品を購入する際にお金を借りることです。
キャッシングとは商品が介在することなく単純にお金を借りることです。この点が最も大きな違いです。

そのキャッシングにおける手数料においても正確に理解していない人がたまにいます。なぜなら手数料と称するものがいろいろとあるからです。現在はキャッシングをする際はカードを利用することが一般的です。店頭や事務所などに赴いてキャッシングすることはほとんどありません。
そしてカードを利用するのはATMという機械を使うことでもあります。このときに発生するのも手数料といいます。しかし、ATMを利用する際の手数料は会社により発生する場合と発生しない場合があります。もちろん手数料が発生しない会社を利用するのが賢明です。
(⇒キャッシングの手数料を節約する方法はある?

このようなキャッシングを取り巻く状況の中でキャッシング手数料というのは利息のことです。お金を借りる際には必ず利息を取られますが、その利息のことを手数料といっています。つまり、キャッシング手数料の意味は金利ということになります。利息とは金利が年に10%の場合は1万円借りて千円ということです。一般的な傾向としては借りる金額が多くなればなるほど金利が低くなります。しかし、借りる金額の限度額は金融会社の審査により決定されますので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
キャッシングで返済ができなくなったらどうする?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.