キャッシングとリボ払いの違いって何??

キャッシングベスト3

よく聞く言葉だけど、キャッシングとリボ払いの違いって何?

初めてお金を借りようと思っているのですが、手始めにクレジットカードを調べてみたら“キャッシング”と“リボ払い”という言葉がありました。どちらもよく聞く言葉ではありますが、いまいちよく分かっていません。お金を借りる方法が2種類あるという事ですか?キャッシングとリボ払いの違いは何なのでしょうか?どちらがお得ですか?

返済方法が違う!?キャッシングの方が断然お得!!

まずはキャッシングという言葉を忘れてくださいね。“お金を借りる”とだけ考えてください。お金を借りるといずれは返済を行わなければいけないのですが、例えば10万円借りたとして、次のお給料日に10万円を返す事が可能かどうかを考えます。たくさんお給料を貰っている人からすれば10万円くらい簡単に返せるかもしれませんが、手取り20万円くらいの人が10万円も返済に充てるのは大変ですよね。

借りた10万円を返す事ができる人は一気に返済を終わらせる事ができます。これが“一括払い”です。10万円も返すと生活ができなくなってしまう…。だから数回に分けて返済したい。これが“分割払い”です。分割でもいいけれども、毎月の返済額が一定の方が収入と支出の計算がしやすいし、返済が楽になる。毎月1万円ずつと決まっていたら楽だな…。これが“リボ払い”です。

どの返済方法を選択しても10万円を借りたのですから10万円を返せばOKですが、返済にかかる期間が違う事はお分かりでしょうか?一括払いは翌月1回で完済するので約1か月分の利息が必要です。分割払いは3回払いなら約4か月分、6回払いなら約7か月分の利息が必要です。リボ払いなら約1年分の利息が必要になります。同じ元金でも返済にかかる期間が長い程に最終支払い額は大きくなってしまうのです。

キャッシングという制度ができた当初は、返済方法は一括払いしかありませんでした。それほど大金を借りる為のものではなかったからです。分割で払わなくてはいけない程の融資はローンという形で数か月に渡って返済する事になります。キャッシングとローンがあったんですね。

分割払いは基本的に10回くらいまでを基準にする事が多いので、お金を借りた場合の返済方法で用いる事はありません。ショッピング専用と思っていてOKです。キャッシングの一括払いか、ローンのリボ払いかしかなかったんです。なので、一括払いの方が利息は少なくて済むので、断然的にキャッシングが良いのです。

では、なぜクレジットカードなどのキャッシングを見ているとリボ払いという言葉が出てくるのかという疑問になりますが、最近ではキャッシングも一括払いでなくてもOKになったというのが1番分かりやすいでしょう。数万円程度借りる為のキャッシングから、何十万円でも借りる事ができるようなキャッシングになり、一括で返済できなくなる事も多く、返済方法にリボ払いを導入したのです。今ではリボ払いの方が主流になりつつあります。

また、ローンもカードローンと言って、使い道が自由だったり、ご利用可能枠内なら何度も融資を受けれるようになったりしています。消費者金融がカードローンを提供している事も。キャッシングもカードローンも同じになってきているんですね。要は同じになり、返済方法を選べるようになったという事です。目的別ローンは別ですが。お得に利用したいならば、返済方法を一括払いにできるカードを選びましょう。(リボ払いだけのキャッシングもあるので注意してください。)

【参考ページはこちら】
カードローンとキャッシング、意味の違いは?

お金が必要になった時に迷わない!キャッシングとリボの違い!

急な冠婚葬祭が、今月2回もある・・・急な入院で費用が足りない・・・などといった急にお金が必要になることもありますよね。そんなとき、家族や知人に借りられると一番いいですが、周りには迷惑をかけずになんとか乗り切りたいもの。カードローンを新規に申し込むには、会社への在籍確認もあって嫌だし、かといってカードローンを契約しているところはないし・・・と困ったときの味方がクレジットカードです!

普段、公共料金などの引き落としにしか使っていないという方も大丈夫!クレジットカードの契約内容を確認してみてください。キャッシング枠はついてませんか?キャッシング枠がついていれば、コンビニのATMなどでお金を借り入れることができます。(こちらもご参考に→クレジットキャッシングとサラ金キャッシングの違いとは?)新たな審査などはありませんので、キャッシュカードでお金をおろす感覚で借り入れることができ、所要時間も特にキャッシュカードでの引出と変わりませんので、後ろで待っている人にもばれることはありません。

じゃあもし、キャッシング機能がついていなかったら・・・と不安になった人も大丈夫です。キャッシング機能がついていなかった場合、今月の支払い分を減額しましょう。いわゆるリボ払いです。たとえば、今月10万円の請求が来るところを5万円に変更してもらい、ういた5万でやりくりをする。お金を直接借り入れるわけではありませんが、インターネット環境があればボタン一つでできて簡単です。

ここまでで、キャッシングとリボの違いはお分かりいただけたでしょうか?簡単にまとめると、キャッシングはATMなどから現金として直接借り入れる。リボ払いは、今月の支払い予定額を減額して、お金を浮かせる。大きな違いは、この2点です。

ただし、どちらもお金を借りていることをお忘れのないように。どちらの場合も金利がかかってきます。クレジットカードの契約にもよりますが、大体が10%~18%の間の金利となります。万が一、長期的に借り入れが必要となった場合は、キャッシングではなく金利の低いカードローンなどを検討してみるのもいいかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.