毎日のショッピングにはキャッシンングね

キャッシングベスト3

Q:銀行のキャッシングと消費者金融の違い

キャッシングと消費者金融の違いを教えて欲しいんだけど。

現金だけを借入した場合はカードローン

もし現金だけを借入したい場合は消費者金融のカードローンね。しかもカードローンは最近、低金利で返済できるの。しかも高額に借入しても。もしサラリーマンで年収35万ぐらいあるなら、年収の3分の1の100万程度を借入することが可能だわ。月々の返済も2万以下のリボ払いで返済できるので、かなり大きな買い物をしたい時に持っておくと便利なの。

キャッシングの違いは何かって、キャッシングの場合は、クレジットカードに付いている機能で、たまたまおカネが無くてショッピングの時に使いたいとか、飲み会があって持ち合わせが無くてコンビニで現金を2~4万引き出すとかって言う感じかな。基本はクレジットカードだから、特典が多いわよね。ポイントが付くとか。一番は企業が発行しているから、大手の車の会社だったり飛行機や新幹線・私鉄の在来線とか、身近に生活と密着している企業が発行しているのがクレジットカードでしょ。それにキャッシングが付帯しているから、返済も厳しいわよ。

ほとんどが一括払い。だからカードローン見たいに生活に困ったから30万を引き出すでは、利息は付かないキャッシング機能付きクレジットカードはないけれど、次の返済日に2ケタを返済するなんてまず無理。キャッシングに30万使える枠があったとしても、買い物の支払いの足しにするぐらいで、もしそれだけ借入れするならカードローン。あまり特典はつかないけれど、サラリーで収入を得ていて、車や家や教育ローンならリボ払い返済のカードローンね。

【参考ページはこちら】
フリーローンとキャッシングの違いって何?

消費者金融のキャッシングとカードローンの違い

困った時に、いつでも自由にお金を借りる事ができて便利なものといえば、銀行や消費者金融で行っているカードローンとキャッシングです。これらの違いを、しっかりと説明できる人は少ないでしょう。

カードローンは、限度額の範囲内であれば、いつでも自由に借入ができるものです。その返済方法は、リボ払いなどの分割払いで返済していく事になります。一括返済や繰り上げ返済も可能ですが、借り入れを始めると、数ヶ月以上かけて返済していく事になるものです。

それに対して、キャッシングというのは、借り入れに関してはカードローンと変わらず、限度額の範囲内であれば自由に借入する事が出来るのですが、返済方法は翌月一般返済となるものを、こう呼んでいます。ただ、少額融資の翌月一括返済するものとして始まったのですが、現在ではリボ払いなどで長期返済をする事も珍しくなく、カードローンとの違いは曖昧になってきています。

それに対して、曖昧にならないのが、限度額です。現在、借り入れをする際、銀行を選ぶか消費者金融を選ぶかで、その限度額が変わってきます。消費者金融の場合、年収の1/3を超える借入は出来ないという総量規制の対象になる為、年収の1/3以上借りる事は出来ません。これは、1つの業者に対してではなく、複数の業者の借り入れの総額で考える事になります。ですから、すべての業者合わせて1/3以上の借入をする事ができない事になります。

それに対して、銀行は、総量規制の対象にはなりません。ですから、年収の1/3を超えて借入をする事も可能となります。ただ、どの業者の場合でも、審査を申し込んでいきなり年収の1/3や、それ以上借入をできるという訳ではありません。
(⇒総量規制によってキャッシングが利用停止されてしまったら

実際に借入、返済をしていく中で、業者からの信用を得る事ができるようになってきたら、その時点で増枠の審査を受け、それに受かる事で、限度額が増えていく事になります。ですから、少額の利用であれば、銀行を選んでも消費者金融を選んでも問題ありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.