キャッシングで総量規制を回避する方法を教えてください

年収600万円のサラリーマンです。去年車を購入して、そのローンが200万円あります。周囲には割と良い生活をしていると思われていますが、実際にはこづかいも十分にもらえずに苦労しています。まだ同期の同僚には独身者が多く、たまには彼らに付き合って遊びに行きたいです。そのためにキャッシングをするのはわがままでしょうか? 金額は数万円でいいです。でも既に年収の3分の1の借金があるので、これ以上は借りられませんよね? 総量規制を回避する方法があれば教えてください。

総量規制の対象は消費者金融や信販会社のキャッシングのみです

総量規制について誤解をなさっているようですね。車のローンは総量規制の対象ではありませんよ。ローンを組んだのが銀行でも信販会社でもです。総量規制は、消費者金融や信販会社の個人向けキャッシングが主な対象です。キャッシングというのは、保証人や担保が必要のない手軽なローンのことです。車のローンや住宅ローンなどは、車や住宅が担保になっていますので、総量規制の対象にはならないんです。

なので、車のローンがあってもなくても消費者金融の審査には影響がありません。もっとも、ローンを滞納したことがあれば別ですけどね。車のローンの他にクレジットカードの支払いや携帯電話料金などの滞納もなければ、どこへ申し込んでも借りやすいのではないでしょうか。もしご家族に内緒で借りたいのでしたら、消費者金融の無人契約機が便利でしょう。契約機ではなくネットで契約をする方法ですと、カードが自宅に届くことになりますので気を付けてください。

それと、銀行や信用金庫などはそれ自体が総量規制の対象外です。(こちらもご参考にどうぞ→クレジットカードも総量規制の対象外?)銀行や信用金庫でもキャッシングを行っていますよね。それらは借りても、「年収の3分の1」という制限と関係ありません。総量規制はあくまでも消費者金融や信販会社からの借入を規制するものなんです。不安は解消されましたでしょうか。

【参考ページはこちら】
海外キャッシングでも総量規制は関係あるの?

キャッシングローンの総量規制を回避する方法

キャッシングローンの総量規制を回避する方法は、一つです。銀行系のところへ申し込むことです。法律で総量規制の対象となるのは消費者金融系のところだけですので、銀行系のキャッシングローン会社に申し込めば回避することができます。これは法律で決まっていることです。

銀行系のキャッシングローンは、総量規制を回避する方法として非常に有効的ですが、注意するべきところがあります。それは審査が厳しいということです。消費者金融系のところに比べてかなり審査が厳しくなっています。そのため、ちょっとでも不安要素のある人は弾かれてしまう可能性もあるわけです。そうした銀行系のところの審査に受かる最大の方法は、真面目に働いて安定した収入を得ることです。しっかりと働いて銀行系のところからの支持を得られるようにしてみてください。人というのは信頼を得るには真面目に働くのが一番です。

銀行系のところはかなりのメリットがあります。まず金利が安いです。そして、銀行系というだけあって信用度が高いです。保証会社も消費者金融系のところと結んでおり、債券が闇金融に送られるということもありません。また、借り入れも多くすることができます。場合によっては事業の立て直しにも使うことができます。

金利が安く、そして規制もなく、信用もある。全てが揃っているのが、銀行系なのです。そのため、銀行系に申し込むデメリットというものはありません。自分の経歴に傷がある人でも、ダメ元でもいいので、まずは銀行系のところに申し込んでみてください。銀行系は厳正な審査ののちに結果を判断します。(こちらもご参考にどうぞ→銀行系キャッシングのメリットもチェック!

キャッシングローンの総量規制を回避する方法は銀行系のキャッシングローン会社に申し込むことただ一つです。それ以外の方法はありません。闇金融でも今は借り逃げを恐れて最初はそこまで貸してもらえません。銀行という信用のある組織に認められてこそ初めて総量規制を回避することができるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.