キャッシングだと年収の3分の1以上は借りられないんですよね?

妊娠を機に仕事を辞めました。20代の専業主婦です。いずれまた仕事復帰するつもりですが、夫は収入が低く頼れる身内もいないので、しばらくの間お金に困りそうな予感がしています。生活は切り詰めていますが、同年代の友人におめでたい話が多いので、いずれはキャッシングも必要になりそうです。

質問です。専業主婦でもお金を借りられるのでしょうか? 確か、キャッシングの法律が変わって、年収の3分の1以上は借りられないんでしたよね。ということは収入のない主婦は借りられないと思うのですが、何かの宣伝で「専業主婦でも」と言っているのを見かけた気がします。どういうことなのでしょうか?

総量規制が適用されるのは貸金業者のキャッシングのみ

お答えします。収入のない専業主婦の方は、貸金業者が扱っている個人向けキャッシングは借りられません。貸金業者というのは、主に消費者金融や信販会社のことです。キャッシング単体のカードでも借りられませんし、クレジットカードのキャッシング枠も同じです。これは総量規制という法律の影響です。この総量規制によって、年収の3分の1を超えるキャッシングはできないと定められました。

ところで銀行や信用金庫、信用組合や農協などでもキャッシングを行っていますよね。こちらは貸金業者ではありません。ですので、専業主婦の方でも借りられます。既にどこかの金融機関で口座をお持ちではないでしょうか? 本当に借りたいのでしたら、まずはそちらで相談されるのがよろしいのではないかと思います。ただし専業主婦では限度額が低めになることが多く、多くても50万円超は借りられないと思います。

銀行や信用金庫などの専業主婦向けのプランでしたら、奥様の名義で借りられます。おそらくは手続きもそれほど複雑ではないでしょう。ですが、限度額が低すぎるとか、借り方や返済方法が不便だ、と思われるかもしれません。往々にして消費者金融の方が使い勝手がよくなっています。もし消費者金融で借りたいなら、専業主婦の奥様名義では申し込みできません。なのでその場合には、収入のあるご主人の名義で借りるしかないでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行融資とクレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

キャッシングでは年収3分の1以上の金額を借り入れできない

2010年6月18日に施行された総量規制という法令により、消費者金融で借り入れを行う際の借り入れ総額は前年度の年収3分の1以上にならないように制限されました。3/1以上の金額を借り入れしてしまうと法律により罰せられます。勘違いしている人も非常に多いですが、これは消費者金融のみ対象となる法律であり、銀行のキャッシングには適応されません。また個人向け貸付にのみ適応される仕組みであり、法人向けであったり個人向けであっても保障に該当するものであれば前年度の年収3/1以上の借り入れを行うことが可能です。

個人向け貸付とは最も一般的なキャッシングのことであり、基本的に使用使途はフリーです。使用使途が事業用に限定されたカードローンなども一般化していますが、このように個人事業者が事業用資金としてお金を借り入れする際には総量規制は適応されません。個人の借り入れ残高は信用情報機関という機関に保存されており、この機関は全ての消費者金融、銀行から参照することが可能です。

キャッシングで申し込む際には必ず審査を通過する必要がありますが、この審査で金融機関側は信用情報機関にアクセスしており、個人の借り入れ残高を調べなければなりません。さらに、貸し金業者はその他様々な状況で指定の信用情報機関にアクセスして貸付残高を調べることが義務づけられています。

借り入れ金が50万円以下の場合は収入証明が不要であることを謳っている貸し金業者はたくさんありますが、50万円を超える貸付を行う場合、もしくは他社の貸金業者も合わせて100万円以上の貸付を行う際には収入証明を提示することが貸金業法によって定められています。

これも総量規制関係する決まりごとであり、貸金業者は収入証明によって個人の年収をチェックして総量規制の適応内かチェックする必要があります。これは一般的な個人への貸付に適応されるもので、事業用はもちろん、他にも不動産購入や自動車購入等の高額なものを買う際のローンなどに適応されることはありません。(こちらもご参考にどうぞ→海外キャッシングにも総量規制は適応されるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.