キャッシング・カードにデメリットはある?

キャッシングカードでお金を借りた時にデメリットは何?

デメリットは少ないんだけど、あえて言えば返済方法かなぁ

キャッシング機能って、ほとんどクレジットカードについているんだよね。ショッピングで利用する人が多いから、現金を使うにしてもそう大きな額を借りたりしないよね。それに返済に無理なく使う人がキャッシングには向いていると思うの。

デメリットと言っても、キャッシングは一括返済が基本かな?そうなると、たとえば学生ではない仕事をされている一般の利用者が、限度額30万近くショッピングで一度に借入して使ってしまったら、利息と合わせて一括返済しなきゃいけない。クレジットカードと違って原則分割はできないので、万が一返済が困難なようでしたら、リボ払いの手続きに切り替えてくれるキャッシングカードもあります。ただその際には審査が必要になって来ます。

キャッシングカードの新規の申請といっても、先にも言いましたようにクレジットカードに付帯していることがほとんどなので、ご自分の使い勝手のいいクレジットカードのパンフレットや情報を取り寄せて見比べるといいかもしれません。特にクレジットカードは客層を絞っています。ターゲットがいるということ。たとえば新幹線や飛行機をよく利用する方は、移動費の出費が多いのでそのような出費にポイントが貯められるクレジットカードを、よくショッピングを楽しむ方なら大手のショッピングのクレジットカードを選ぶと、自動的にキャッシング機能もついてきます。一括払いに注意してご利用下さいね!

【参考ページはこちら】
キャッシングする時のメリット・デメリット

カードローンとキャッシングのデメリットを知りたい!

カードローンとキャッシングはその呼び名こそ違いますが、どちらもお金を借りるという意味では、同じものになります。この2種類の借り入れ方法の特徴としては、一般的に返済方法と借り入れのしやすさがあるでしょう。それぞれメリット・デメリットがありますから、ぜひ理解しておきたいところです。
(⇒銀行系キャッシングのメリットを知りたい方はこちらへ

まずカードローンは、信販会社や消費者金融でも取り扱っていますが、このサービスを展開している金融業者の中でも特に目立つのが銀行です。銀行系のカードローンは他の金融業者と比較して、金利が低く設定されているのが特徴です。但し、金利が低い分、申し込みの際の審査がやや厳しいといわれています。

銀行系であれば、サービスの種類にもよりますが、パートやアルバイト勤めの人や主婦でも、安定した収入さえあれば申し込むことができる場合も多いです。収入が低い人でも利用できる点が、人気の理由となります。

ここでデメリットの話をしますと、カードローンを利用すると返済方法が残高スライド式リボルビング払い、もしくは利用限度額に従って一定額を返済する方法が主になることです。

残高スライド式リボルビング払いとは、現在の利用残高に応じて次の支払日の返済額が決まるという仕組みで、利用残高が増えるほど、毎月の返済額が増えることになります。

利用限度額での返済方法にしても、返済期間が長期にわたれば支払うべき金利も積み重なって行きます。中にはカードローンであっても一括払いに応じてくれる企業もありますが、企業やサービス内容によってはその返済方法に細かな違いがある場合もありますので、仕組みを十分理解してから利用されるのが安心です。

一方のキャッシングは、申し込み後に即時融資してくれるのが大きなメリットです。ですが、融資が早い分、一括払いでも基本的に金利が高く設定されていることが多いのがデメリットといえます。そのためキャッシングを利用する場合には、少額を借り入れて、返済日に一括払いで支払う方法が適しています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.