キャッシングを上手に使いたい!失敗しない為にもデメリットは?

私の周りにはキャッシングを利用して失敗しているというか、返済に困っていて貧乏になっていたり、債務整理などを行う人がたくさんいます。私も大人になって必要な物を購入するのにローンを組んだり、時にはキャッシングをして賄ったりとしたいのですが、周りを見ると怖いものでしかないような気がして不安です。ローンやキャッシングを上手に使う為にも、キャッシングのデメリットを教えてください。

キャッシングのデメリットは人間の心の弱さ!?

人間ってとても弱い生き物なんですよね。また、何か困った時、何かで助かったとします。すると、次に困っても「また助けてもらえる…。」と安心してしまうんです。1度でも意思が弱まってしまったり、自分の力なしに助かる事があると、次も何かに甘えてしまう生き物なのです。なんとかなる、どうにかなるなんて何も保証のない気持ちを持つ生き物です。

キャッシングのデメリットは、まさにこの人間の心の弱さ、意思の弱さです。強い心と強い意志を崩す事がなければ、キャッシングは怖いものでもなんでもありません。キャッシングで失敗する人の多くは、「少しくらいなら大丈夫だよね?」「これを最後にしよう!」「来月は返せるだろう…。」と借りてはいけないと分かっていても借りてしまう心の弱さと、少しだけ、最後と言ったくせに、何度も繰り返す意思の弱さが原因です。

病気や事故で働けなくなってしまった、子供が急病で借金してでも病院に連れて行きたかった、あまりにも給料が少なくて収入だけでは生活できなかった、普通の貸金会社だと思ったら闇金だった(騙された)などなど、返済できない状態になってしまったとしても仕方のない事もたくさんあります。

しかし、ギャンブルやブランド物などの嗜好品の為に借金を繰り返してしまっている人は、心が弱く、意思が弱い事がほとんどです。ギャンブルをする人は勝っている時は借金はしません。ですが、返済もしないんですよね。せめて勝った時には返済をしっかりしていれば良いのに、次にまたギャンブルをする事を考えて返済に回さないんです。そして負けても、「また借りればいい。」と思ってしまうんです。ブランド物なのの嗜好品で借金をする人は手に入れた時の快感が忘れられないんでしょうね。

収入などの手持ちのお金が無くなってしまったとしても、簡単にお金を手にする事ができる。これを何とも思わなくなる人の心がデメリットです。キャッシングを上手に失敗しないように利用するには、キャッシングのお金は自分のお金ではないという事を忘れなければ良いでしょう。まるで自分の銀行口座から引き出すように手にする事ができるお金です。感覚が麻痺しやすいんです。

本来ならば、余程に今すぐ必要な物事でない限り、お金が用意できる時まで待つのだと思います。本当に今すぐ借りてでも必要な物なのか、事なのか、しっかり考えて利用しましょう。そして、お金を借りてまで何かを行うのならば、返済をしなければいけない事を忘れていけません。返済できる金額だけ借りるようにしましょう。できるだけ一括で返済できるようにしておけば心配ありません。

どうしても高額が必要な時は分割やリボ払いにすれば安心ですが、返済残高がある時は追加の借金を控える努力をしましょう。「もう1回だけ!」の繰り返しが多重債務になったり、返済不可能になったりしてしまいます。返済残高がある時こそ、しっかりと計画を立てなければいけません。これさえできれば、問題はないはずです。借り過ぎには注意ですよ。

【参考ページはこちら】
クレジットキャッシングとサラ金キャッシングとの違い

キャッシングにはメリットもありますがデメリットは?

人生を生きていますと思わぬところでお金が必要になることがあります。よほどのお金持ちであるなら普段から手元に豊潤な現金を持っているでしょうが、一般庶民となりますとそうはいきません。普段は普通に生活できるだけのお金を備えていてもなにかしらのきっかけでたまたまお金が足りなくなることがあります。不思議なもので急なお金の入用が発生したときに限ってお金を持っていなかったりするものです。

そういうときに役に立つのがキャッシングです。キャッシングとはお金を借りることで、きつい表現をするなら借金です。今から二昔くらい前ですと借金をするのは大変でした。知り合いを除外したときにお金を借りる先がなかったからです。それこそサラリーマン金融という消費者金融くらいしかありませんでした。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシングと消費者金融の違いって何?

しかし、今の時代は違います。キャッシングという呼び方が定着してきたころからお金を借りることは生活の中でごく普通に行われることとなりました。理由は借りる際のシステムが開発されたことが大きな要因です。今はカードで容易に借りることができます。しかも、数年前に金利も明朗になりました。以前はグレーゾーンという曖昧な金利があったために高利でお金を借りざるを得ない状況でした。そうした経緯を経た現在はキャッシングは上手に利用するなら生活の立派なツールとなっています。

このように書きますといいことずくめのようですが、使い方を誤まるならリスクも生じてしまいます。包丁は調理をするときにとても便利ですが、使い方を誤まるなら怪我をします。それと同じです。

「デメリットは?」という質問には「金利が発生する」という答えが最も正解です。つまり、借りた金額よりも多くを返済しなければいけませんのでそのことを常に念頭に借りることが大切です。返済できないだけのキャッシングをすることは包丁で怪我をすることと同じです。平易な表現をするなら「身の丈にあった」利用の仕方が理想です。ですから、自分の身の丈を認識していることが重要になってきます。
(⇒キャッシング借り換えにもデメリットはある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.