キャッシングのメリットとデメリット教えて

キャッシングベスト3

キャッシングするときのメリットとデメリットを教えてください

キャッシングって便利ですよね。会社勤めも一年を過ぎて安定してきましたので、カードローンを用意して必要に備えようと考えています。でもよく考えたら、キャッシングのメリットやデメリットに付いてあまりよくわかりません。説明して頂けますか?

キャッシングのメリット・デメリットは時間的価値に依存します

キャッシングとは単に借金することです。サラリーマンなど個人的に担保や保証人などの用意が難しい職種の人たちのために考え出された、個人向け無担保・無保証人の貸金を特にキャッシングと呼ぶ場合が多いようです。個人向け無担保・無保証の貸金を信用に基づいて契約することから少額の金銭貸借契約が中心になっています。そのようなサービスは当然、特定の職種の人たちの必要に応えるために存在しています。

高度に発達した経済環境は、金銭の流通に関してもある種のひずみを生み出しました。例えば、月に1度の給与支払日に適合した状態で支払が常に発生するとは限りません。そのため、突然の出費から給料日前に生活資金が尽きてしまうという予定外の事態が想定されうるのです。このようなもの以外でも年間所得を大幅に越えた購入、自動車や住宅などの買い入れなどが発生することもあるでしょう。

これらの購入が可能になっているのは実質的にキャッシングサービスがあるからだということができます。定期的な現金収入と貯蓄だけに頼ったショッピングをしていては、いわゆる好機を逃して損をするということもあり得るのですね。例えば、今であれば40%のディスカウントなどということがあれば、18%の年率のキャッシングで購入しても差額は儲けたことと同じメリットを生むことになります。

このような時間的な価値を拡大するチャンスはいつ訪れるか予測することができません。キャッシングすることのメリットはこのような予測外のチャンスに対応できるというメリットが最大だと言えます。つまりキャッシングを利用することは時間価値を有効に活用できるということになりますが、同時にこのメリットはデメリットとしても機能しうるということに気をつけなければなりません。

どうせ来月買わなければならない50万円のモノが今買えば20%安く購入できるとします。そこで年率18%のカードローンで購入したとします。一番簡単に考えるのなら、翌月一括返済することを考えます。すると……今購入する為にキャッシングする金額は40万円です。そして翌月の返済金額は405,000円程度になります。すると95,000円くらいは安く買えたことになりますね。

これがキャッシングによる時間的価値の具体例です。もちろんこのような価値を利用するためにはしっかりとした計算のできることが前提です。しっかり計算しないと結局高い買い物になってしまうことも少なくありません。前述の場合ですと、返済に2年程度かけてしまうと返済総額は50万円を上回ってきます。ですから返済のローンを上手に計画を立てなければならないということになりますね。

これがデメリットだということになります。そして返済が完了するまでは借入残高があるという記録が個人信用情報として保存されることになります。これは個人によるキャッシングが過剰になることをさけることを目的として貸金業法で定めている総量規制の制限を遵守するための基本情報だからです。このことは例えば、完済前に住宅ローンなどの他のローンを希望する時に返済能力から差引されて評価を受けることになるのです。

【参考ページはこちら】
キャッシングとフリーローンの違いって何?

キャッシングのメリットとデメリットを解説します

キャッシングを利用する前にデメリットとメリットについて把握しておくといいでしょう。まずメリットですが一万円からの少額での貸し付けが可能な点にあります。ですので給料日前にほんの少しお金が必要なときにはかなり重宝します。そして審査の時間が短く、すぐに借りられるのもいいところです。即日融資なども可能です。

あと、保証人や担保などが不要ですので不動産を持っていない方でも利用できるのです。また保証人がいないことによって誰にもばれずに借りることも可能です。キャッシング会社は連絡のために電話をかけてくることはありますが、ばれないようにプライバシーに配慮をしてくれます。

昔はキャッシングはコワイ人がしているサービスというイメージがありましたが今では受付の多くは女性が担当していますし少しでも遅延をすれば脅されるということはありません。返済日を間違えないためにお知らせメールをしてくれるサービスもありますので安心です。

大手のキャッシング会社ではポイントプログラムなども採用しており、支払った利息の額に応じてポイントがもらえ、それを使って買い物をすることができます。ATMが近くにあれば好きな時にお金を借りることができますしかなり便利なのです。

逆にデメリットは少額融資サービスですので住宅ローンサービスのように大金を借りることができません。また、利息は銀行から借りた場合に比べて少し高くなります。銀行系と呼ばれるキャッシングの場合は安くなる傾向があるのですが、特に審査の緩いところは高いのです。

しかし逆に言えばデメリットはこれくらいしかありません。滞納をすると遅延金利を取られることはありますが、これは遅延をしなければいいだけのことです。利用前にとりあえず長所と短所を知っておくことによって後になってからこんなはずではなかったという後悔を未然に防ぐことができます。よく考えて借りるためのいい材料となるはずです。また、満足できる借り入れにつながるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.