利用限度額と自動的にキャッシング返済方法

キャッシングベスト3

利用限度額を利用!自動的にキャッシングの返済が決められたら?

初めてキャッシングで3万円ほど利用したのですが、一括で返済しようと思っていたら、請求書は5千円だけで、後は次月に繰り越されていました。これからも数回、海外に行く事もあって、何度かキャッシングを利用する事になると思うのですが、利用限度額はそれほど多くないので、借りれなくなってしまいそうで困ります。自動的にキャッシングの返済方法を決められてしまっているのですが、どうも一括返済というものがないそうなのです。どうにかできませんか?

一括返済ない場合は利用限度額を利用して一括返済しよう!

キャッシングの返済方法は自分から設定をしなければ自動的に決められてしまう事もあります。特に海外キャッシングの利用に関してはリボ払いしか設定のしようがないカードや会社もあるようです。なのでキャッシングの返済は一括返済にしているはずなのに、海外での利用に関してはリボになるなども問題も起こっています。説明がある会社もあれば、ない会社もあり、あまり見ないような規約などに書いてある場合もありますが、知らなかったという人の方が多いかもしれませんね。

さて、自動的にキャッシングの返済方法がリボ払いにされてしまっていた時、また、その返済方法を一括返済に変更する事が不可能だった場合、これでは質問者様のようにこれからも海外でキャッシングを利用したいと考えている人には、利用限度額を超えてしまう可能性が非常に高くなって困る事だと思います。

ならば利用限度額を上手に利用して、リボ払いでありながらも一括返済してしまえば良いのです。いいですか?返済方法はリボ払いのままです。そのままで一括返済をするのです。その方法はとても簡単です。まず、リボ払いしか返済方法がなかったとしても、1度の返済金額は変える事ができますよね?この1度の返済金額を大きくすれば良いだけなのです。

たぶん、多くのカードは何も言わずにリボ払いになった時、またはリボ払いを選択しただけの時では、1番最低返済額に設定されてしまうと思います。10万円くらいまでなら5千円くらいからの返済がOKという事が多いので、自動的に毎月5千円ずつになってしまいます。この5千円を上げてしまえば良いのです。確実に一括返済をしたいならば利用限度額と同じ金額を1度の返済額に設定してしまえば、確実に一括返済をする事ができます。

中には利用限度額ピッタリをリボ返済額に設定する事ができない場合もあるでしょう。30万円の利用限度額のリボ払いで、1度の返済額を30万円にしてしまえば、そもそもリボ払いにはならなくなってしまうからです。それでもOKという会社も多いですが、無理な会社をご利用の場合は、自分が使うであろう金額を設定しておけば良いかと思います。30万円の利用可能枠があっても、一括返済を求めている人が満額使い切る事はそうないでしょう。15万円くらいを設定していても一括返済になるのではないでしょうか?

この方法には注意点があります。今月は少し生活が厳しいなぁって思っている時にでも、一括請求並の請求がくるという事です。毎月の締日を超えると、変更はできなくなってしまうので、一括返済できない程にキャッシングを利用してしまった時には、早めに1度の返済額を下げる設定を行いましょう。キャッシングを利用してすぐなら、返済日(締日)までも余裕があるので、毎回こまめに少し面倒ですが返済金額の設定をしておくのも良いかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
キャッシングをする時のメリット・デメリット

利用限度額内で自動的にキャッシングできる

カードローンを申し込む際にカード会社のホームページやサイトで何度か目にした方もおられるとは思いますが、自動的にキャッシングできるサービスがあります。このサービスは、カードローンを組む時に返済用口座が必要になり、契約時に返済用口座を申し込むことが条件にある銀行系のカードローンでよくみられます。

申し込み時にカードローンのなかに既にサービスとなっているものや、別途、サービスの申し込みが必要なものや様々でカードローンの会社によって変わってくるので確認しましょう。

そもそも、自動的にキャッシングとはなにかと申しますと、カードローンを申し込まれる方の指定した口座でクレジットカードや公共料金の引き落としに使用されていたとします。その口座が引き落とし日に通帳残高が引き落とし金額を下回っていた際、通常は引き落としができず請求書が後日、郵送されたりするのが一般的ですが、それを自動的に足りない金額を補ってくれ引き落としができない状態を防いでくれるサービスのことです。

カードローンを申し込みされてご利用の状況に左右されることもあるので注意しましょう。仮に利用限度額を目いっぱい使用されている方で利用限度額の残高が自動にキャッシングされる金額を超えてしまっている場合や返済日に返済されていない方などは、サービスが一時的に受けられないケースもあります。

サービスを受けるにあたっての手数料などですが、基本的には無料といったカードローンが多いとは思いますが、自動的にキャッシングされた金額の金利は必要になります。つまり、ATMやCD機で自ら借り入れて、自ら引き落としがある口座を補てんすることと同じこととなり、そういった手間を省いてくれるサービスだということです。また、通帳に引き落とし残高がある場合や補てんした場合は、通帳に自動的にキャッシングされるということもないので、借り入れ残高が減っている時などは、通帳記入をして確認しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.