信用金庫の非正規雇用キャッシングの相場

キャッシングベスト3

三浦藤沢信金の非正規雇用のキャッシング限度額の相場は?

三浦藤沢信金でお金を借りたいのですが、派遣社員などの非正規雇用でも借りることが出来る金額の相場はいくらぐらいですか?近くに大手の消費者金融がなく、中小の消費者金融はあまり利用したくないので、なんとしてもここでお金を借りたいです。

確実に借りたいなら自身の年収の4分の1ぐらいまでが相場です

三浦藤沢信金(現かながわ信金)は非正規雇用であっても借り入れをすることができる信用金庫です。借り入れができる金額は、最低10万円からとなっていますが、非正規雇用の場合は、多くの消費者金融・銀行などで、この最低金額の借り入れしかできないといったこともあります。(こちらもご参考にどうぞ→派遣に登録するだけでキャッシングはできるの?)かながわ信金は、それ以上の借り入れも可能です。では、具体的な借入限度額の話に移ります。

通常、非正規雇用の場合、総量規制によって、年収の3分の1までの借り入れが許可されているとは言え、その限界まで借入ができるケースはほとんどありません。なぜなら、総量規制の根底には、その収入が最低でも1年間は約束されている限りにおいてという暗黙の了解があるためです。つまり、一年間で最低このくらい稼ぐことが決まっているなら、借り入れに使える額は、その3分の1までにしようというのが、総量規制の考え方なのです。ところが、非正規雇用の場合、その最低1年間働くという前提条件が成り立たなくなります。その場合、返済できなくなるリスクを差し引く必要性が出てくるので、借り入れができる金額がそれよりも低くなるのです。

確実に借入をしたいというのであれば、現在の月収入×12÷4(あるいは5)ぐらいの額が現実的に申告できる借り入れの最高額だと考えます。それ以上になると、消費者金融はともかく、銀行では断られる可能性が高くなります。かながわ信金も信用金庫なので、あまりに高い金額を申告すれば、審査ではじかれる可能性が高くなるでしょう。

三浦藤沢信金の特徴とキャッシング限度額について

三浦藤沢信金は神奈川県の横須賀市に本店がある信用金庫なのですが、2014年に三浦藤沢信用金庫から現在のかながわ信用金庫に改名されています。以前の三浦藤沢信金や現在のかながわ信用金庫には個人向けのカードローンが有ります。
このカードローンのキャッシング限度額と言うのは、最大で500万円になっています。

このカードローンが利用出来る人と言うのは、年齢では満20歳以上、65歳以下の人が対象になっています。また、継続した安定収入がある人が対象になっているのですが、専業主婦の人でも配偶者に安定した収入が有る場合は上限が50万と言う形でカードローンの申込みが可能になっています。尚、配偶者は69歳以下が対象になるのですが、配偶者が年金受給のみや、アルバイトやパートなどをしている場合は申込みが出来ません。また、アルバイトやパートをしている学生や主婦の人でも、自らの収入が有る事からもカードローンの申込みが可能になっていますので、急にお金が必要になった時などカードローンを利用しておけば便利なのです。

尚、このカードローンの使い道は自由になっていますが、事業性資金としての利用は出来ません。これはどの金融機関のカードローンも同じなのですが、使い道は事業性以外であれば買い物、旅行、結婚式の費用、車検費用、引越費用など様々な利用目的に使う事が出来ます。専業主婦の人は上限が50万円までと定められていますが、キャッシング限度額はそれぞれ審査により決められることになります。
(⇒ブラックの専業主婦でもキャッシング可能?

また、キャッシングの限度額が定められると同時に、限度額に対する貸付金利が定められることになります。このカードローンの金利と言うのは、4.8%~14.6%となっていますが、一般的に限度額が低くなるほど金利は高くなり、逆に限度額が大きくなるほど金利は低くなります。そのため、50万円では14.6%と言う金利が適用され、500万円では4.8%の金利が適用されることになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.