質問!キャッシングの希望融資額を知りたいな

キャッシングの借入額ってどうやって決まるの?カードローンなら収入の3分の1ぐらいは分かるけど。

各社によってクレジットとの割合が違うワ

ちょっとわかりにくいかもしれないけれど、クレジット払いとキャッシング融資がセットになっているの。クレジット会社によるんだけど、10万~100万のクレジット決済とキャッシング融資枠があってキャッシング枠は10万だったりするんです。

申請申し込み用紙をよくみると、「当社で判断」するというように記載されているので、収入や他社カードの借入状況を判断して決めるんだと思いますが、「絶対こういう理由です」ということが一概に言えません。

お仕事をされている方が100万までクレジット払いとキャッシングで利用できるとなると、かなり高額融資を簡単に受けられると思いませんか?キャッシングが例え10万であっても90万はクレジットで使えるってことですよね。ショッピングでキャッシングによる現金10万を引き出さなくても、クレジットで90万。どうしてここまで高額融資枠を広げてくれるんでしょうか?

カード会社側にも事情があるようですよ。キャッシングは分割やリボ払いの返済の変更も可能ですが、一括払いが基本ですね。元金と手数料(利息)の回収がはやくできることを考えると収益にもはやく反映されますよね。でも結構キャッシングって融資する側にとってリスクも高い。利用が返済できなければ、利息分の利益が上がらない。できれば貸し倒れはカード会社も困るので、できる限り分割やリボ払いに返済方法を変更していきましょう。

キャッシングの利用方法と希望融資額について

キャッシングを利用する際には、希望融資額のことを考慮しておかなければなりません。つまり、申込者が希望する借入額のことです。キャッシングにおける希望融資額は、申込者が自由に決定することはできません。それは、申込者によって、また審査の内容によって額が異なります。あるいは、申し込んだ会社によっても限度額は違ってきます。

例えば、総量規制の対象となる会社かどうかは重要なポイントです。総量規制の対象となる会社には、消費者金融系のキャッシング会社があります。これらの会社では、申込者の年収の3分の1までしか貸出ができないという規制があります。したがってこの場合、希望融資額は年収の3分の1までということになります。(こちらもご参考に→キャッシングの総量規制を回避する方法

一方銀行系のキャッシングでは、総量規制の対象とはなりません。したがって、年収の3分の1を越える借入も可能ということになります。
そして希望融資額についても上限なしということになります。ただし、消費者金融系の場合は総量規制の対象となる分、審査は甘くなるといわれています。一方で銀行系の場合は、総量規制の対象とはならず金利も安い分、審査は厳しくなるといわれています。銀行系のcashingなら希望の融資額を得ることが可能ですが、利用のために厳しい審査をクリアしなければなりません。

さて、借入限度額がどうであろうと、各社の審査を通過しなければキャッシングは利用できません。審査基準となるのは、年収や、勤務先、勤務先の規模、居住形態、居住年数、現在の借入額、過去の金融履歴などです。年収については、収入証明書類のチェックが行われます。また、職場への在籍確認の連絡も行われます。

現在の借入額が多かったり、年収の3分の1をすでに借りている場合は、新規契約することが難しくなります。過去に債務整理をした経歴などがある場合は、申し込みできない可能性があります。債務整理には、任意整理、民事再生・破産などがあります。こうした信用情報は、個人信用情報センターを通じてチェックされます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.