借り入れ上限キャッシング総額いくらまで?

キャッシングの借り入れ上限はいくらまで?500万~とか…。

最近500万の借り入れにキャッシング…ってないかも

これだけ大きいとクレジットカードに付帯しているキャッシングの限度額ではあまり聞かないわね。というかこれはカードローンよ。カードローンなら住宅資金などの大きな買い物目的だったり、事業資金なら低金利で借り入れ可能。でもキャッシングは毎日のショッピングに使う5万~10万程度なんだよね。でもカードローンでも500万は大きい。

クレジット・キャッシングの限度額は100万程度かな。でもその中でも、キャッシングにしようできる利用枠は30万前後かしら。実はカード会社によって現金を引き出せるキャッシングの上限はそれぞれ。キャッシングが利用どれだけ利用できるかは、基本的には総量規制の年収3分の1を考えなければいけないわけ。でもクレジットカードで支払いを後払いにして借金を抱えている場合は、キャッシングの借り入れ枠を増額できない可能性もあるわね。

もし、高額な借り入れを希望する場合は、キャッシングではなくノンバンクや銀行・労金・信金などクレジットカード以外のローンカードをオススメするワ!キャッシングの金利は18%と同じローンカードに借金するのに比べて3倍~6倍も違うじゃない。ローンカードは約3%弱~18%が基本。ローンカードの種類によっては初回借り入れに利息の付かないものもあるわ。ローンを組むときに利息をしっかり計算して総返済額を知らないと、とんでもなく損をするわよ。

消費者金融のキャッシング総額はいくらまで?

どこの金融機関でもキャッシングには限界があります。どんなに収入のある方でも限界があるということです。限界には個人差がありますし、自分で調べるしかありません。消費者金融はとくに法律で決まっているので注意したほうが良いでしょう。

消費者金融の場合はいくらまで?

消費者金融の場合は、月収や年収の3分の1までです。これがキャッシング総額の限界になります。月収が25万円なら、100万円前後までキャッシングできます。クレジットカードを利用している方はさらに少なくなります。総量規制と言いますが、この法律で決まっているので例外はありません。限界はありますが、キャッシングしやすいメリットがあります。
(⇒キャッシングの魅力がいまいち分からない方はこちらへ

銀行の場合はいくらまで?

銀行の場合は消費者金融と違います。キャッシング総額は法律で決まっていません。収入に合わせてのキャッシングになりますが、多く借りることも可能です。多くキャッシングできることが銀行を利用するメリットの一つになっています。銀行のキャッシングにはメリットが多いですが、基本的に消費者金融の利用が多いです。

ネットキャッシングでも変わりません。

借りる方法が違うだけです。キャッシング総額に違いはありません。ネットキャッシングはとても便利ですが、自己管理が難しいです。手軽すぎると借りすぎますから、自己管理をしっかりする必要があります。

利用方法によってはすぐなくなります。

現金を補充する感覚で利用してはダメです。先ほども言いましたが、自己管理がポイントになります。常に限界を意識して利用してください。一番まずいのは違うローンの返済に使うことです。住宅ローンの返済に利用することは厳禁です。

自己破産は過去の話です。

基本的に自己破産について考える必要はありません。消費者金融は自己破産になるまでキャッシングできません。ですから、まったく問題がありません。消費者金融での自己破産が多かったのは過去の話です。債務整理する方も少なくなっています。

【参考ページはこちら】
総量規制は海外キャッシングにも適応されるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.