限度額までまだ余裕があるのに利用できない

キャッシングベスト3

キャッシングで、限度額までまだ余裕があるのに利用できない

キャッシング1社から限度額いっぱいまで借りていました。少し返してはまた借りるという状態が1年くらい続いていたと思います。このあいだ、少し減って限度額まで余裕ができたので、また借りようとしたらできませんでした。それまでと同じようにカードを入れたのに、なぜか利用できない旨の表示が出てエラーになってしまったんです。その会社では滞納もしていないのに、です。これってどういうことなんでしょうか?

キャッシング利用中は気づかないところで審査をされています

ずっと限度額いっぱいまで利用なさっているとのことですから、キャッシングに慣れている方ですよね。他からもキャッシングで借りていませんか? あるいはクレジットカードの支払いなどを延滞しませんでしたか? 直接にその会社では滞納していなくても、キャッシングの合計額が高くなったり、どこかで延滞したりすると、間接的に影響を受ける場合があります。それではないかと思うのですが、心当たりがないでしょうか。

キャッシングは契約のときに審査がありますよね。この審査を受けるときに、過去数年以内にどこかで延滞をしていると不利だ、ということはご存じだと思います。契約を済ませた後も、たまに審査は行われているのですよ。本人にその連絡はありませんし、在籍確認もありませんから気づきませんが、信用情報を確認されているのです。そこで新たな借入があったり、金融事故があったりすると、貸し出しを停止されることがあります。

解決方法ですが、もし借入額が多いようでしたら、それが減るまで再度使えるようにはならないかと思います。延滞は、延滞した分をしっかり払って解消すれば、そのうちまた使えるようになるでしょう。「直接問題を起こしたわけではないのに何故」と理不尽に思われるかもしれませんが、文句を言っても仕方のないことです。しばらくは返済だけを続けて、また信用を取り戻してください。

キャッシングで限度額まだなのに利用できない

キャッシングの返済方式は、借入残高に応じて段階的に最低限の約定返済額を決めて、利用限度額の範囲内であれば追加借り入れや繰り上げ返済が自由に行える残高スライドリボルビング払いというのが主流になっています。この方式では、業者が独自に設定している利用限度額が高いほど借り入れできる金額が大きいということになりますが、人によっては利用限度額まだの状態にもかかわらず、利用できないということがあります。

これは、多くの場合支払いの滞納などが原因となっています。上記の返済方式であっても、限度額の範囲内で自由に借り入れや返済ができるのは、約定通りの返済をきちんと繰り返している場合に限られます。長期的に返済を続けていると、信頼に値する人物として限度額の増枠にも応じてもらいやすくなりますが、逆に支払いが滞りがちであったり、何か月もの間全く返済をしないような利用の仕方をしていると、貸し倒れの危険性が高いと判断されて途中で追加借入れができなくなることがあります。

もう一つの方法として考えられるのが、ブラック扱いになってしまうケースです。例えば、数社からの借り入れをしていてそのうちの一社だけ債務整理をした場合、他社にもその情報はすぐに伝わりますので、やはり支払い能力などについて不安であると判断されて融資がストップされることがあります。

このような状況を避けるには、どうしても支払いができない時には前もって連絡を入れておき、早目に遅れを取り戻すようにすることが最善です。単に次回の引き落としができないということを伝えるだけでなく、支払いが遅れる事情を説明して、次の収入が入ってくる予定の日と返済ができる日をあらかじめ伝えておくようにすると、信用情報への書き込みを待ってもらえることがあります。もちろん、一か月丸ごと遅れるのではなく、早い段階で遅れを取り戻すようにすることが重要になりますので、利用するときは計画的にしましょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングの審査に落ちると再審査は受けられないの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.