専業主婦がキャッシンクの審査通る理由とは

キャッシングベスト3

収入ないのにどうして?専業主婦がキャッシングの審査通る理由

専業主婦の方とお買い物に行く機会がありました。今しか買えないお買い得商品があったのですが、この日は給料日前で必要最低限しか買わないお買い物でした。ですが、その人は「ちょっとお金借りて買う!」と言い出してキャッシングしてきました。どうして収入のない専業主婦がキャッシングの審査通るのでしょうか?収入がないとお金は借りれませんよね?闇金などに手を出しているのではないかと心配です。

専業主婦であってもキャッシングは可能な事もありますよ!

キャッシングの審査基準は会社によって様々ではありますが、「収入が安定している事。」というのは全会社に共通しているのではないでしょうか。つまり、収入があったとしても安定していなければいけませんし、それ以前の収入ゼロである人には融資できないという事です。ですが、専業主婦に限っては例外があります。

同じ収入ゼロであっても、仕事もしていないバイトもしていないプータローと専業主婦が同じではない事は分かりますよね。専業主婦だって立派な職業なんです。最近の消費者金融や銀行などの貸金会社は、保証人が不要なのが当たり前になってきました。もし、全くの収入なしの人がお金を借りるには保証人がいれば可能になるかもしれません。でも、本人返せる充てもないのに貸すというのは少ないでしょうね。

しかし、専業主婦の場合は例外であり、それほど多くの融資は難しいかもしれませんが、10万円~30万円くらいであれば可能な事も多いです。銀行の場合は総量規制の対象外なので、これ以上も見込めます。とは言っても「専業主婦なんだから収入はゼロで、プータローと変わらないじゃないか!」と思う人も多いでしょう。この考え方が間違いなのです。

専業主婦の収入はゼロではありません。財産分与の考え方です。旦那のお給料の半分は妻のお給料でもあるんです。奥様が専業主婦の場合、旦那様の収入は旦那様個人の収入ではなく、一家の収入なんです。だから奥様の収入とも言えるでしょ?ものは考え方なのです。

つまり、旦那様の収入を元に奥様名義でキャッシングをする事が可能なのです。このシステムに対応している会社のみになりますが、結構あります。もちろん、闇金ではありません。この場合、旦那様の情報を提示する必要もありますし、本当に旦那様だという事を証明しなくてはいけませんので、旦那様に内緒でキャッシングを利用するなどは無理でしょうね。

他にも、クレジットカードの場合ですと、奥様は何も申し込みさえしていなくても、旦那様が申し込み・契約したカードの家族カードを発行してもらう事で、旦那様と同じ枠を共用する事ができます。カードには奥様の名前が記載されていて、あたかも奥様名義のような感じになります。いろいろな方法で、専業主婦だってキャッシングをする事が可能なんですね。

旦那様には内緒でキャッシングを利用したいと考えているような専業主婦の方を狙った、闇金などの悪徳業者も多々あるのは事実です。キャッシングを利用したいと考えてる専業主婦の方は注意が必要です。どちらにしても、専業主婦を続ける以上、パートをしない予定ならば、絶対に旦那様に相談をしてからにしましょう。旦那様のお給料が一家の収入であったとしても、自分が借りたお金を自分の収入で返済する訳ではないという事を忘れてはいけません。

専業主婦でも審査通るキャッシングはあるか

2010年に総量規制という法令が改正されたことにより、消費者金融が運営するキャッシングでは前年度の年収3/1以上のお金を借り入れすることが不可能になりました。もし消費者金融が年収3/1以上のお金を貸してしまった場合法律によって罰せられます。このため専業主婦でも審査通るキャッシング事業は今のところ少ないのが現状です。しかしだからといって悲観的になる必要はありません。この総量規制が適応されるのは消費者金融だけであり、銀行では年収の3/1以上であっても借り入れすることが可能です。

尚、銀行と提携しているアコム等の場合、銀行系キャッシングとは銘打っているものの、法律上消費者金融に分類されるので気をつける必要があります。また、総量規制の適応先に例外があり「配偶者貸付」という制度が存在します。ただしこれには結婚していることを証明する必要性と、配偶者の借金への同意書が必要になってくるので家族にバレずに借り入れしたいという人には向いている制度とはいえません。一応この制度を利用すれば消費者金融であろうと夫の年収の3/1の金額まで借り入れできます。(こちらもご参考に→キャッシングの総量規制を回避する方法

手続きも面倒であまりいい制度とはいえませんので基本的に専業主婦がキャッシングを利用したという場合には銀行のカードローンを利用するのがお勧めです。また、大規模な消費者金融では配偶者貸付の書類チェックや審査のコストを嫌い、元々サービスから除外してしまっているところは多々あります。小規模な消費者金融を利用する場合にはリスクも増えますので特にお金の借り入れに慣れていないうちは銀行のカードローンがお勧めです。

銀行のカードローンであれば基本的に大手の消費者金融より金利も安い場合が多いです。審査が厳しいといわれていますが、専業主婦の場合は消費者金融とそう変わりません。一つだけデメリットをあげるならば限度額がやや低めという点です。銀行によっても大きく変わってきますがだいたい30万円~50万円程度の限度額に設定されている場合が多いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.