専業主婦でも借りられる審査の甘いキャッシングはどこ?

専業主婦でも審査の緩いキャッシングってある?

銀行カードが発行しているクレジットカードであればOK

キャッシング専用のカードってあまりみないんだけど。きっとクレジットカードのことよね。クレジットカードについているキャッシング機能のことでしょ。カードローンとの違いは、クレジットカードのショッピング枠が100万だとしたら、現金として引き出せる枠が10万以下と、引き出しができる現金が少額なんです。ショッピング枠から現金を引き出せるキャッシングが越えることはありません。

これと違ってカードローンは現金のみを引き出すことのサービス。総量規制というのがあって、年収の3分の1を超えて融資することが基本はできません。そして専業主婦の方も総量規制のあるローンカードを作ることができません。実はこの総量規制はノンバンクが発行するキャッシングにも当てはまります。

専業主婦の方がクレジットカードを作るとなると、カードを作ることはできますが、クレジットカードのショッピング枠、つまりクレジットカードしか使えません。現金を引き出せる機能は使えません。しかし、銀行が発行するローンカードがあります。(こちらもご参考に→銀行融資とクレジットカードは総量規制の対象外?

もし専業主婦の方が「キャッシング」で現金を引き出せるカードを持つとしたら、銀行が発行しているクレジットカードがあって、唯一「○オンカード」があります。ショッピングのイメージが強いですが、単なるクレジットカードではなく、銀行が発行しているカードと考えてくれればいいでしょう。少額ですが専業主婦の方にも融資をしています。クレジットの機能や電子マネーの機能がついていてとても便利ですよ。

ただし申請の場合はどうしても、収入の安定したご主人・ご家族の同意や書類が必要となって来ます。これだけはちゃんと押さえておいて下さい。

専業主婦でも借りられる審査の甘いキャッシング

キャッシングを扱っているのは消費者金融以外にも、銀行系や信販系、流通系など様々な金融機関があります。基本的に、キャッシングは使い道は自由ですし保証人を付けたり担保を提供する必要がなく、即日融資が可能なところもあるほど審査や融資のスピードが早いため、使い勝手の良さは抜群です。審査基準に関しても、多くの金融機関で設定している範囲内の年齢であること、継続的な安定した収入があることのみを条件としているところが多いので、パートやアルバイトの人でも借り入れができるところはたくさんあります。

ただし、専業主婦のように収入がない人については、融資を受けられない可能性が高くなります。しかし、専業主婦でも借りられる審査の甘いキャッシングもあるにはあります。銀行系以外のキャッシングでは、利用者の年収の3分の一以上の融資をしてはいけないという総量規制の制限がかかっているため、年収のない専業主婦は仮に審査に通っても借入をすることができませんが、配偶者が同意すれば、配偶者の収入を合算して審査を受けることができるという業者があるのです。
(⇒無収入の専業主婦がキャッシングで借り入れできる理由とは

この場合には、本人確認書類のほかに、配偶者の同意書や収入を証明するものなども一緒に提出する必要がありますし、配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかかってきますので、きちんと配偶者にも説明をしておきましょう。配偶者の収入次第で、収入の全くない専業主婦でもまとまった金額の借り入れをすることができます。

通常のキャッシングのように、利用を継続することで増枠の依頼にも応じてもらえますし、利率が特別高くなるということもありません。消費者金融系だけでなく、銀行系の中にもこのような方法で専業主婦が借入れをすることができるところがありますので、利息を安く借り入れたいという人は申し込みをしてみると良いでしょう。特殊な申し込みですので、事前に電話などで問い合わせておいた方が、手続きがスムーズに進みます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.