主婦向けキャッシングは審査がゆるいんでしょうか?

脱サラして自営業の30代です。なかなか思うように収益が上がらず、徐々に借金の額が増えています。うちはまだ夫婦二人の生活なのでどうにかなっていますが、今後もう少し資金が必要になることも考えられます。ですが自分はこれ以上借りることができません。そこで妻に借りてもらおうと思っているのですが、夫に借金があっても借りられるでしょうか? 妻は仕事の手伝いを少ししてくれているだけで、ほとんど専業主婦です。銀行には専業主婦向けのキャッシングがありますが、誰でも借りられるのでしょうか?

限度額が高くない代わりに借りやすい

ふつうお金を借りるには、その人の収入や肩書きなどが審査の対象になります。専業主婦向けのカードローンではそういったものがありませんから、たくさんは借りられない代わりに借りやすいのではないでしょうか。配偶者の借金は関係ありません。カードローンはその人個人が借りるものですから、家族の信用情報までは調べられないはずですよ。専業主婦向けは銀行によって限度額が違います。よく確かめてから申し込まれてくださいね。50万円のところが多いですが、それより少ない額のところもあります。

ですが、奥様本人がブラックでは借りられないでしょう。生活に余裕はないものと推測しますが、ここ数年以内に奥様がクレジットカードの支払いや携帯電話の料金等の支払いを遅らせたことはありませんか? あるとすれば、あまり期待できません。それよりも専業主婦ということですから、外で働かれてはいかがでしょうか。パートなどで働いていれば、銀行によってはそれ専用のカードローンプランがあります。定期的な収入があった方が、返済も安心ではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
銀行には主婦向けのキャッシングサービスもある?

主婦向けキャッシングで審査がゆるいところ

キャッシング利用者は、およそ1455万人いると言われています。20才以上の7人に1人が利用している計算となります。それぐらいキャッシングは、世の中に浸透しており、なくてはならないものとなっています。

ひと昔前は、消費者金融のことをサラ金と呼んでいました。なぜなら、利用者の大半がサラリーマンだったからです。そしてサラリーマン金融が略されて、サラ金と呼ばれていました。しかし最近の利用者は、サラリーマンだけでなく、自営業者やOLや主婦といった女性の利用者の増加が目立っています。男女比を見てみても、男:女が7:3~6:4となっています。これをみても、女性の利用者の増加が実感できます。

ちなみにキャッシングを利用する目的の中には、遊行費の為という人も多いのですが、生活費の補てんの為という人も多いのです。そんな訳で、主婦のキャッシング利用者も少なくありません。

主婦といっても、パートやアルバイトなどで、一定の収入があれば、キャッシングを利用できます。審査基準は、年齢や勤続年数、雇用形態、居住年収などによってきまります。20代から30代で、1年以上勤務していればベストです。また主婦向けキャッシングを行っているところもあります。利用限度額は低く設定されていますが、主婦向けキャッシングですから、他のキャッシングよりも主婦の審査がゆるいです。(こちらもご参考に→主婦でもネット申請でキャッシング審査に通れる?

また、銀行系のキャッシングであれば、専業主婦でも配偶者に収入があれば利用できます。配偶者の会社や電話番号などを聞かれますが、会社に電話をしたりすることはないので、配偶者にばれる心配はありません。また主婦であれば、自宅にいる確率が高いので、郵便物なども自分で受け取ることができるので、安心です。

審査に通るかどうか心配なときは、お試し診断を利用するといいです。匿名や無料メールアドレスで利用できます。お試し診断であれば、万が一審査に通らなくても、個人情報に傷がつく心配がありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.