楽天銀行ではブラックの家族は借入できるか

キャッシングベスト3

楽天銀行でブラックの専業主婦の夫はキャッシングできる?

楽天銀行で借入をしたいと思っています。私の収入は安定しているので、借り入れ自体は問題ないと思っているんですが、私の妻が、かつて借金の滞納をしたことがあり、ブラックリストに入っている状態です。自身の配偶者がブラックになっている時に、審査でその点を考慮されることはあるのですか?

家族の金融取引実績は本人の審査とは関係ありません

家族の中にブラックリストの人がいても、それは契約者本人の審査には影響しないのが通例です。そのため、妻がブラックであっても、夫も借入には影響を与えません。ただし、延滞や滞納と一体どう情報は問題にならないことが多いのですが、自己破産などの債務整理をした場合は、その家族にも関係がある内容なので、考慮される可能性があります。

どうしても気になるのであれば、借り入れの申し込みをする前に、金融業者に直接聞いたほうがいいでしょう。審査の具体的な内容については答えてくれないですが、家族のブラックリストに対する対応についてなら、おおよその審査基準を答えてくれると考えられます。

ですが、家族にブラックリストに入っている可能性が高い場合、そちらに対処する方が優先事項です。一度高録されたものは5年間どうやっても消えないので、やるべきことは、再犯の防止です。滞納は、期日を1日でも過ぎると即座にブラックリストになるシビアなものです。借り入れの事実を隠された上でそうなったのなら、今度そういったことがないようにしなくてはいけません。

【参考ページはこちら】
楽天カードキャッシングのオススメ利用方法

楽天の専業主婦でも可能なキャッシングと夫婦のブラックについて

楽天銀行には個人向けのローン商品としてカードローンが有ります。楽天銀行のカードローンは2つの種類が有ります。その一つに専業主婦専用のカードローンが有ります。カードローンは、審査により利用限度額が定められて、その利用限度額の範囲の中で繰り返しキャッシングが可能になるローンです。楽天銀行の場合は、50万円までのキャッシングの利用が可能になっています。

自ら収入を持っていない専業主婦でも、配偶者に安定した収入と、その収入が継続している事で申込みが可能になるローンです。配偶者の収入を証明する書類などの提出が不要になっているのも特徴と言えます。尚、この場合の審査と言うのは、ホームページから申込みを行い、必要な情報を入力して申込みを行うと、それが審査受付と言う形になります。銀行側は、主婦と夫となる人2人の個人信用情報を照会して行う事になります。

個人信用情報には、過去の借金の履歴やカードローンなどの申込みの履歴、そして本人を特定できる氏名や住所などの情報が記録されています。また、過去の借金の返済の中で、遅延を行った場合などでも、この個人信用情報の中に記録が残されますので、審査の際には不利になりますので注意が必要なのです。

更に、ブラックリストに掲載されていると言われている状態になるのが、金融における事故の情報です。これは自己破産をすることで官報に掲載されることになりますが、個人信用情報には官報に掲載される情報も記録されています。それ故に破産をしたという事が個人信用情報を照会するだけで明確になるのです。

そして延滞も金融における事故の情報として残されています。このようにブラックリストに掲載されている状況は、この個人信用情報の中に記録されているものであり、仮に夫婦の何れかがブラックの状態では審査に通る事は難しくなるのです。また、ブラックの状態ではなくても、過去に遅延を侵していたり、短期間に複数の申込みを行った事で申込みブラックになり審査に通るのが困難になるのです。
(⇒キャッシングのanyはブラックでも借り入れができるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.