主婦がキャッシングを利用するのはいけないことなのでしょうか

キャッシングはお金を借りることですが、利息や返済の延滞について不安を抱いているのもあり、キャッシングについてあまりいいイメージがありません。ですが、今後まとまったお金が必要にならないことも全くないと思い、最近はキャッシングサービスの利用も視野に入れるようになりました。

しかし私は主婦で、収入はありません。私のような人はサービスを利用できないと聞いたのですが、主婦はキャッシングサービスを利用してはいけないのでしょうか。

主婦でもキャッシング利用可能です

まずはじめに、主婦の方がキャッシングサービスを利用することは何ら悪いことではありません。自分へのご褒美に何かを購入したりしたい人もいるでしょう。使い道はひとそれぞれですが、主婦だからキャッシングサービスを利用してはいけないというルールはどこにもありません。

主婦に対するキャッシングサービスの利用については、2010年6月に執行された「改正貸金業法」によって「主婦自身に収入はないが配偶者に収入がある場合や同意が得られる場合」、また「主婦自身に収入がある場合」は基本的に申し込むことが可能です。配偶者の同意が得られる場合は、同意書が必要ですが、配偶者貸付が可能なサービスに申し込むといいでしょう。

それでは自身に収入が全くなく、配偶者の同意も得られない場合はどうしたらよいのでしょうか。自身に収入がなく、かつ配偶者の同意を得られない場合は総量規制対象外の銀行カードローンに申込みましょう。

総量規制というのは「個人に年収の3分の1以上の金額を貸してはならない」というものですが、これは貸金業者に適応されるものです。ですので、銀行は対象外となります。ただし、銀行にも個別に条件を提示しているため「本人に収入があること」という条件を掲げている銀行では申し込みができないので注意しましょう。

【参考ページはこちら】
パートでもキャッシングでお金を借りられる?

キャッシングしちゃう主婦は多くなっていますが

キャッシングしちゃう主婦もいます、生活費が足りないためにやむなくする方もいるのですが、自分の貯金口座からお金を引き出すような感覚で使ってしまう方も中にはいらっしゃるのです。これは一体どのような心理になっているのでしょうか。

お金に対していい加減というのもあるのですが、やはり自分を抑制する力が少ない傾向にあるのです。ですので欲しいものがあれば気軽にお金を借りてしまいます。カードローンの場合でしたらいちいち審査をする必要はありませんのでより気軽なのです。

しかし最近では専業主婦のお金のかりすぎを抑制するためにキャッシング会社もよく考えてくれています。例えば無職の場合は夫の許可がなければカードを作ったりキャッシングができないようにしているのです。こうすることによって主婦が勝手にお金を借りて家計が破産するのを防いでくれます。
(⇒専業主婦だとキャッシング審査落ちは確実?

また、配偶者貸し付けというサービスをこの場合は利用することになるのですが、夫の年収の三分の一以上は借りられないのです。もうすでに夫が三分の一以上借りている場合にはこれ以上借りることができません。キャッシング会社は信用情報データーベースを持っていますので配偶者に関する情報もすぐに把握できるのです。

ただ自分の私利私欲のためでなければキャッシングカードは作っておいて損はありません。夫婦生活をしていますと何かと急な出費があるものです。いざというときにまとまったお金が使えるように用意をしておくのは決して間違いではないのです。

主婦でもある程度収入がある場合には自分の収入だけで審査を受けることができます。この場合は夫の収入をあてにしなくてもいいですので夫の許可を得る必要はありません。もしも自分の一存だけでお金を借りたいと思うのでしたらパートなどを初めて見るのも方法です。もしもパートの収入が足りない場合には夫と自分の収入を合わせた年収で審査を受けてキャッシングからお金を借りることもできます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.