主婦が収入以外でキャッシングできない理由

キャッシングベスト3

専業主婦がキャッシング不可にされる理由は収入以外にあるの?

結婚している専業主婦ですが、先日キャッシングを断られました。その利用を聞いたのですが、答えてもらえませんでした。専業主婦がお金を借りられない一番の理由は、収入がないことだと思うのですが、あ借り入れを希望した金額は20万円とそれほど高くなく、収入以外の断られる理由があったのではないかとも考えられます。なぜ、審査で落とされたのでしょう?ちなみに銀行は審査に通らないのがわかっていたので、消費者金融に申込みました。

審査に落とされる原因は収入以外にもあります

専業主婦の場合、借入の際に利用できる金額は人によって様々です。まず最も安定して借入ができる場合は、夫の収入を申告したケースです。借り入れの特殊な利用方法として、たとえ本人の収入がない専業主婦であっても、夫の収入証明さえできれば、その収入を本人の収入と同程度に換算して借入をすることができるケースがあります。この制度の利用すれば、専業主婦であっても問題なく借り入れをすることができます。

次に、専業主婦といっても、パートなどで収入を一時的な収入を確保できている場合、この場合も、借り入れの難易度はかなり下がり、扱いは専業主婦ではなく非正規雇用者の区分になります。どうしてもお金が必要であれば、パートなどで一時的な収入を確保したあとで申し込むのがおすすめです。

最後に、正真正銘の専業主婦の場合。これが利用できる額は非常に低くなります。扱いは無職と同程度になり、10万円以上の借り入れは厳しくなります。大抵、その金融機関が貸すことができる最低額までしか利用することができないので、この例だと20万円の借り入れ申告は基準を超えていたということになるでしょう。

専業主婦キャッシング不可理由と総量規制について

専業主婦キャッシング不可理由と総量規制は大きな関係が有ります。総量規制は貸金業者に対しての規制で、貸金業法に基づいているものです。貸金業法と言うのは、貸金業者に対する法律であり、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などが貸金業法に分類されます。

また、総量規制は貸金業法が改正された時に新しく追加された規制なのですが、追加された目的と言うのは多重債務になる人を減らすと言う目的があるのです。総量規制は年収の3分の1を超える貸付を出来なくしている規制です。多重債務になる人は、返済を行う目的で次から次へとキャッシングを繰り返してしまうことからも、年収の3分の1以下に規制を行う事でキャッシングの利用が出来なくなると言う利点があるわけです。

年収の3分の1というのは、年収が300万円の人であれば単純の100万円までのキャッシングは可能になると言う意味になりますが、既に他の消費者金融などからお金を借りていて、借入残高がある場合は、100万円から借入残高が差し引かれた残りをキャッシングする事が出来るのです。そのため、年収300万円の人の借入残高が70万になっている場合は、新たにキャッシング出来る限度額は30万円までとなります。

因みに、専業主婦は自らの収入がゼロという事になります。総量規制では、年収がゼロの場合は借入可能な額もゼロになりますので、専業主婦はキャッシングが不可という事になるのです。但し、これは貸金業者での話であり、銀行などの場合は総量規制の対象外となりますので、収入がゼロの専業主婦の人でもキャッシングの利用が可能になっているのです。

しかしながら、自ら収入がゼロの専業主婦が何故お金を借りることが出来るのかなのですが、銀行の場合は配偶者に安定した収入が有る場合に限り専業主婦にもキャッシングの利用を認めているのです。尚、専業主婦の人がキャッシングの申込みを行う場合は配偶者の同意などが必要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.