無職主婦レディースキャッシングの相談に乗ってくれるところは?

無職の主婦なのですが、キャッシングの相談に乗ってくれるところはあるのでしょうか。どのようなことに目を配ればよいですか?

銀行系カードローンであれば配偶者の信用で審査をしてくれる事も

必要に応じたキャッシングをしようと思えば前もって用意しておくことができるはずです。必要が生じる度にキャッシングの提供元を探しているようだとなかなか間に合わないことも多いはず。今日中に必要だということになってから探しているようでは遅すぎるのが実情ですから、キャッシングの提供元もその必要に応じたサービスを提供してくれています。

カードローンは申込みしてカードを発行しただけでは、借金をしたことにはなりません。当然利息は発生しませんし、手数料も無料であるところがほとんど。カードローンの販売元に対応して銀行系カードローン、消費者金融系カードローンなどがあります。これにクレジットカードのキャッシング枠なども機能的にはカードローンと似た性質を持っています。

それぞれの発売元ごとに特徴があります。銀行系カードローンは比較的大型のキャッシングを低めの利率で利用することができますが審査が厳しい目。それに対して消費者金融系のカードローンは控え目のスペックですが、審査に通りやすいと言われます。そしてクレジットカードのキャッシング枠は前述の2種類に比較すれば非常に細やかなものなのですが、これはクレジットカードがショッピングで利用することを目的にしているためです。

ということは、クレジットカードとカードローンとの使用用途は全くことなるものだと考える方が合理的なのです。なのでできればクレジットカード以外にいずれかのカードローンを、余裕のある間に用意して手元に置いておくことが安心だということになりますね。そこで、消費者金融系カードローンにするか銀行系カードローンを選ぶかということが問題になってくるのです。

消費者金融系のカードローンの申し込みは非常に簡単な手続きです。有名大手と呼ばれる消費者金融業者であれば、インターネット上に公式ホームページを用意しています。それぞれのホームページから申込みをすることができるようになっており、審査完了、キャッシングまでをネットだけで済ますこともできる場合があるようです。申込み資格も敷居が低く、審査結果もほとんどの場合に積極的な回答を出してくれることが期待できます。

残念なことですが、消費者金融系のカードローンは無職の場合、申込みすることができません。本人に収入があるということが法律的条件になっているからです。貸金業法上、総量規制によって無収入の申込みに対して契約を禁止されていることがその理由です。この他にも未成年者や一定の年齢以上だと総量規制に抵触してしまうことから申込みを遠慮頂くことになっているのです。

銀行系カードローンはこの点に於いて消費者金融系カードローンとは制限が異なっているのです。銀行は貸金業法の適用範囲ではありません。ですから職につかれていない専業主婦の場合、銀行系カードローンから選ぶということになるでしょう。決して融資可能額が大きいとは言えないかも知れませんが、専業主婦が申込みできるという実績をもった銀行系カードローンは少なくありません。
(⇒専業主婦が即日キャッシングをする方法

このように主婦へのキャッシングに力を入れている銀行から選ぶことができるのですが、それは消費者金融とは違って、配偶者に安定、継続した収入があることを前提にできるからです。しかし、先ほど触れたように銀行系カードローンは審査が厳しめだということがありますので、この対策をする必要があります。銀行系カードローンの保証会社として消費者金融が提携している場合、審査が比較的易しめになるのでお薦めしておきます。

無職主婦レディースキャッシングをうまく利用する

専業主婦である間はキャッシングをすることは無理だと思い、かりるということを全く頭の中に入れてない人もたくさんいます。特に専業主婦といえども、本当に内職やパートもせず家の中でいる人にとっては収入が全くないのでキャッシングをするどころかそもそも誰かに借りるという感覚がないのかもしれません。

しかし、妻は思った以上にお金を必要とします。それこそ夫のように仕事上の付き合いというものがないだけであって、子供に関するお金や夫の会社に関する諸経費等色々と必要とする場面もありますし、冠婚葬祭なども家のことはおそらく主婦がやりくりしていると思われるので、急な出費や予想外の出費に対しては対処しなければならない場面が多いものです。そういう時に主婦にとって強い味方であるのが無職主婦レディースキャッシングです。これを使うことにより主婦でも特に収入がない専業主婦でも、気軽にキャッシングすることができます。

ただし、全ての人がキャッシングできるというわけではありません。あくまで書類審査として書類の提出が必要なのです。本来ならば年収の3分の1までしかキャッシングができないとか、年収がいくらかということの証明書を出さなければいけないのですが、無職の時である場合はそれらはできないので、夫婦であることの証明書、つまり住民票などでも構いませんし、または代わりに夫のこのキャッシングに関する同意書を添えることによって書類審査として提出します。

その審査に合格すれば晴れて無職主婦レディースキャッシングを受けることができるのです。これを受けることにより無職である時も気軽にキャッシングをすることができます。

ただし、これは主婦だけに認められた特権ではなく、あくまで夫の同意があって初めて結ばれる契約ですので、かりられる場合でもきちんと夫の許可を得て返すだけの範囲の金額を借りるようにしなければなりません。しかし少なくとも主婦もお金を借り入れしなければやりくりできないような画面にとっては助かる制度ではないでしょうか。これひとつ覚えておくのと覚えておかないとのでは精神的に奥さんにかかってくる負担も違ってくるものだと思われます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.