パートがキャッシングに通らない理由とは

キャッシングベスト3

パートの主婦でもキャッシングに通らないのは何が原因なの?

収入さえあれば、パートの主婦でもキャッシングに通ると聞きました。しかし、実際に申し込んだら、審査で落とされてしまいました。借入金額のそれほど多くないのに、どうして審査で落とされてしまったのですか?その原因を知りたいです。

返済能力が不足していると判断された可能性が一番高いです

キャッシングは、確かに専業主婦やパートであっても利用しやすいと言われています。しかし、それは、銀行の借り入れに比べて審査に通りやすいというだけです。いかにキャッシングといえども、審査条件をクリアしなければキャッシングを利用することはできません。(こちらもご参考に→主婦向けキャッシングの審査は甘い?

キャッシングの審査で重要なのは、ただの返済能力ではありません。借り入れをしたい希望金額とそれに返済能力が見合っているかということが重要なのです。そのため、収入がない人がキャッシングできても、収入がある人がキャッシングできないという、一見矛盾しているようなことが起こり得るのです。

パートの主婦が借り入れできる金額というのは、実際のところそれほど多くなりません。専業主婦より数万円程度高くはなりますが、何十万円も借りようとすれば、当然審査で断られます。おそらく、今回審査で断られた一番の要因は、本人の返済能力に対して、借入金額が多過ぎると判断されたためでしょう。キャッシングの審査は、就業形態に関してほとんど考慮されません。つまり、どのにどれくらい勤めているかといったことはそれほど重要ではないのです。単純に借りた分を返せるだけの収入があるかということが判断材料になります。

専業主婦はキャッシングの審査が通らないの?

専業主婦は収入がありませんので、総量規制によって貸し付けに制限を加えられている貸金業者から単独でキャッシングを行うことはできません。申し込みを行っても、審査は通らないのです。しかし総量規制は一つの家計で判断することも許されていますので、収入がある配偶者の同意があれば、利用することは可能です。かといって返済義務が同意した配偶者に発生するわけではありません。

ただし配偶者の同意があったことでそのキャッシングは日常家事債務と認められれば、専業主婦である妻が返済を怠り挙句に自己破産となった場合にも、夫に請求できる可能性は残されます。しかし日常家事債務であったということを債権者側が証明しなければなりませんので、かなり手続きが煩雑になってしまいます。となればそんなややこしい貸付を行うよりも、もっとシンプルで優良な申込者に貸し付けを行った方が有益です。専業主婦に貸金業者が積極的に貸し付けを行わないのはそのためです。

専業主婦が単独でキャッシングを利用するならば、総量規制の対象とならない銀行のカードローンの利用が一番スムーズです。もちろん夫の生年月日や年収、勤務先などを記入し、それが審査に大きく影響しますが、夫の信用情報を信用情報機関から取り寄せられるようなことはありません。またもし債務事故になったとしても返済義務は夫にはなく、あくまでも信用情報に傷がつくのは借主である妻だけです。

ただし専業主婦の場合にはそのキャッシング商品の定める最高限度額が適用されることは極稀で、予め金額が20万円までといった形で制限されている場合が多く見られます。制限されていなかったとしても、同年輩の職業を持って収入がある女性よりも貸付限度額が小さくなる傾向にあります。また増枠ということも、あまり期待できません。しかし返し続けていれば本人のクレジットヒストリーとなりますので、ポジティブ情報として信用情報機関に掲載されることに間違いはありません。
(⇒キャッシングの増額審査を順調にクリアするためのポイント

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.