派遣社員の場合キャッシング審査の在籍確認は派遣先に来るの?

派遣社員として働いています。キャッシングの利便性に惹かれ、キャッシングを利用しようと思っているのですが、審査のうち在籍確認について少し疑問を抱きました。私のような派遣社員がキャッシングを利用する場合、在籍確認はどこに来るのでしょうか?

派遣社員の場合は、在籍確認は勤務元です

在籍確認というのは勤務先に本当にその人が在籍しているかどうかの電話確認です。ですので、あなたのような派遣社員の方の場合は、勤務先ではなくあなたの派遣元の会社の電話番号を書きましょう。勤務先(派遣先)の会社の電話番号を書いて在籍確認を行っても、「うちにそのような社員はおりません」と回答される恐れが大いにあります。

また、派遣会社によっては在籍確認時に「それは個人情報に当たるのでお答えできかねます」というような回答拒否をされる場合があります。そのような場合は、会社が発行する証明書を提出することで在籍確認とする場合があります。

例えば、その会社が発行している免許証や許可証、また健康保険証や社員証、給与明細書などの書類をキャッシング会社に提出することで『在籍確認なし』とするケースがあります。また、キャッシング会社としても在籍確認を嫌う人が多いのは理解しているため、在籍確認の電話予約、つまり○月○日の○○時頃に電話をして欲しい、といった具合に調整が可能です。以上を参考にしていただき、用意を進めていただければと思います。

【参考ページはこちら】
カードローンのキャッシングができない理由って何がある?

キャッシングは派遣先にも在籍確認がくるか

キャッシングの審査では必ず在籍確認が行われます。当たり前ですがお金の返せない人にお金を貸す貸し金業者はいません。お金を返せるということはすなわち収入があるということです。このため審査で最も重要視されることの一つとして安定した収入を得ているかどうかというものがあります。安定した収入を得ている仕事というのはサラリーマンはもちろん、他にも派遣社員やバイトなどがあります。(こちらもご参考に→パートでもキャッシングでお金を借りられる?)基本的に安定した収入を得ているほど審査に通りやすく安定していない仕事は審査に通りにくくなります。

そのため中には無職やフルパートでの仕事をしていなにも関わらず審査に通過したいがために虚偽申告をして安定した収入を得ているように偽造する人も少なくありません。これらの不正行為を排除するために貸金業者は在籍確認をするのです。在籍確認は大抵の場合勤務先への電話で行われます。

しかしここで気になるのが派遣社員の場合です。派遣社員の場合ですと普通の会社員とは違い勤務先がバラバラのことがあり、派遣先と派遣元があります。ほとんどの場合貸し金業者が派遣社員の方からのキャッシング申請を受けた場合、審査では派遣先ではなく派遣元に電話をかけて在籍確認が行われています。

勤務先への電話が来ることで上司や同僚にキャッシングを利用していることがバレるのではと心配する人を多くみかけますが、基本的にバレる心配はありません。クレジットカード会社のカードローンを利用する場合にはクレジットカードに申し込みで在籍確認が必要だと皆思うものですし、アコム等の大手消費者金融の場合であれば必ず提携先の銀行名を名乗るようになっています。貸金業者によっては個人名を名乗って確認が行われる場合もあります。

派遣社員の場合、キャッシングを申し込んだ本人は派遣元の企業にいる場合はほとんどないでしょうが、電話を取った相手から本人の在籍していることの確認だけ取れれば完了します。つまり「○○は今派遣先です」のひと言だけでも大丈夫です。
(⇒キャッシングを利用したい日雇い派遣の方はこちらもご参考に

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.