フリーターがキャッシングで重視するもの

キャッシングベスト3

フリーターがキャッシングを利用するには何を優先するべき?

フリーターでもキャッシングができるそうなのですが、金融機関を選ぶときに何を優先するべきですか?審査の甘さは、消費者金融を選択するならだいたいどこも同じようですし、金利もそれほど差があるように思えません。単純に一番自宅に近い場所を選ぶだけでいいんですか?

フリーターのキャッシングは借入限度額が多い場所を選びましょう

フリーターなどの非正規雇用者のキャッシングは、正規雇用者と選び方が若干違います。(こちらもご参考にどうぞ→派遣やアルバイトでもキャッシングはできる?)その代表的な点は、借入限度額が非常に上がりにくいということです。正規雇用者の場合、ある一定期間に計画的な借入れと返済をしているだけで自然と借入の限度額を上げることができます。しかし、収入が安定していない非正規雇用者の場合、ただ借入れと返済をしているだけでもまず総短期間で限度が上げることはできません。限度額が上がらないのであれば、最初からある程度の額を借入できる場所を選ぶ必要が出てきます。

もちろん、そんな大金をキャッシングしないというなら気にする必用はありません。その場合は、質問にあったように、自宅から最もアクセスしやすい場所をキャッシング候補に選べばいいでしょう。万が一、多くのお金が必要になることを想定するなら、大手の消費者金融が一番安定すると考えられます。収入の額にもよりますが、利用できる場所が多く、柔軟性が高いです。キャッシングは必要な時にすぐに利用できなくては話になりません。そう考えると、やはりアクセスのしやすさと、トラブルにすぐに対応してくれる金融業者が、最も優れた対象になるでしょう。

【参考ページはこちら】
パートでもキャッシングができる会社ってある?

フリーターも長く一つの会社で働けばキャッシング契約は可能です

以前はフリーターでそこそこの収入が有っても、消費者金融やカードローンでのキャッシング契約は先ず不可能でした。収入面では一般のサラリーマンと同程度の収入が有っても、フリーターと正社員では生活の安定性を考えると不安定な部分は否めないので、フリーターがキャッシングできるカードを持つのはかなり難しい事でした。

しかし今は社会全体の雇用形態も変わりアルバイトやパートも含めた非正規社員の割合がかなり増えてきたのと、消費者金融だけでなく銀行も個人の無目的ローンの分野に数多く進出しているので、顧客を非正規社員にまで伸ばしているのでローン契約できる消費者金融やカードローン会社が数多く増えているので、非正規社員の方もカードを持つ大きなチャンスです。
(⇒レイクは非正規雇用者にも評判がいい?

ただし正社員と非正社員では社会的信用度が違うので、簡単にはカードを手に入れる事は出来ません。仮に収入が同じくらいでも審査項目の職業で大きく差がつきます。その差を埋めるには勤続年数の長さや住んでいる家が持ち家で有るという事や固定電話を引いている事で審査の査定がプラスになります。審査項目の中で細かい信用を積み重ねれば、ローン契約も十分可能になります。

ただしどこの金融会社でも一度審査に落ちると信用情報機関に、審査落ちの履歴が残ります。そういう履歴が有ると、次に審査してもらった金融会社で十分審査の通る内容でも、審査落ちの履歴がマイナスに働き審査に落ちる事も良く有る事です。特に非正規社員であるフリーターの場合は、審査に通る可能性自体が正社員より低いので、審査落ちの履歴を残すのは何としても避けなければなりません。

その為には当然審査に申し込む前に金融会社の簡易審査を受ける必要が有りますし、フリーダイアルや窓口で相談という形で審査に申し込む前の入念な確認を行い、確実に審査に通りそうな金融会社にキャッシングの審査に申し込んで、一発でキャッシング出来るカードを手に入れる事が肝要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.