楽天カードの海外キャッシングに落とし穴はありませんか?

いきなりですが、楽天カードで海外キャッシングを行ってしまうと、何か落とし穴的な事はありませんか?落とし穴っていうとなんだか人聞きが悪いかも知れませんが…他に表現も無いのでどうか最後までご確認下さい。

最近、どんなサービスでも利用規約とかがあって、それで凄い難しい事を書いているじゃないですか?はっきり言って、あんなのを全部読んで全部覚えてから利用するっていうのはほぼ不可能ですよね?で、特にクレジットカードとかカードローンとかの規約ってなると何だかわざと難しく書いているのでは?なんて思うくらい読みにくいです…自分は全部読むようにはしていますが、正直ところどころ難しい用語をわざと使っているような気がするほど覚えられません。

今回は海外に行くという事、そして現地でキャッシングを使う事になるかもしれないから、この海外キャッシングでのルールの落とし穴というのはあるのでしょうか?理解せずに使った自分が悪いなんて言われるのも嫌なので…どうか教えて下さい。

強いて言えば二点ほど気をつけたい事があります

落とし穴…っていうと、何だか都合が悪い事を全部隠して騙しているような感じもしますね。楽天はとても大きな企業となっているのでそんな事はしていませんが、金融系サービス全般は難しく書いておいて理解できないままでも利用させる…という意図が全く無いと言っても、確かに規約を見る限りでは説得力もありませんよね。私も、そこまで重要じゃ無いサービスなら規約も最低限しか読みませんし…。

楽天カードの海外キャッシングについての規約というのも確かに読みにくいかもしれませんが、闇金などと違ってちゃんとした会社の融資という事もあり、ある程度理解して利用するように心がければその注意点も見えてきます。私が思うに楽天カードの海外キャッシングでは、二点ほど注意すべきところがあると思いますのでそこを説明していきます。

まず最初に、海外でキャッシングした場合はカード会社にその利用の連絡が遅れやすい、という事ですね。遅れたとしてもきちんと届くわけではありますが、締め日などがギリギリの場合は支払いが予定よりも先に延びる事がありますので、毎月きっちり計算して口座に残しているような場合は支払い額にミスが出ます。足りないというよりはマシかもしれませんが、計算ミスが嫌ならしっかりと請求書を確認して下さい。

もう一点は、通貨レートによる支払い額算出の難しさですね。キャッシングもショッピングも大抵は通貨レートに従って決済されるわけですが、外貨は毎日価値が変動してしまっている都合上、運が悪いと暴騰してしまって返済額も大幅に上がってしまう…という事もあるわけです。逆に安くなる事もありますが、基本的にはちょっと見積もりよりも高くなる、くらいに思っておけば保険となるでしょう。
(⇒楽天銀行の海外キャッシングはリボ払いにできる?

これは楽天カードではなく、あらゆる海外キャッシングに通じて言える事です。海外でお金を借りるのは日本以上に慎重にならないといけなさそうですね。

楽天カードの海外キャッシングの落とし穴について

最近では多くの人が海外旅行に行く際に現金ではなく海外キャッシング機能を持つクレジットカードを保有しています。日本とは異なり、海外は治安が悪い場所があるため、大量の現金を保有して移動することは非常に危険な場合があるためです。一方、カードであれば仮に紛失しても、カード発行会社に連絡してそのカードの運用を止めればよいので、安心して海外で行動が可能になります。また、海外での支払いは日本とは通貨が異なるため、実際の支払いの際にどのくらいの通貨を出せばよいか分からないため、精神的なストレスになる可能性があります。

一方で、クレジットカードやキャッシング機能があれば支払いの際のストレスは軽減されます。こうしたことから、海外では現金とクレジットカードの併用が望ましいといわれますが、多くある海外キャッシング機能を持つクレジットカードの中で、楽天カードは評判が高いクレジットカードの一つです。

その理由として、そもそも楽天カードは年会費が無料と言うことです。多くのクレジットカードは年会費が無料の場合がありますが、海外キャッシング機能が附帯している場合は一定額の年会費を求められる場合があります。楽天カードは年会費が無料のため、非常に安心して保有ができます。それ以外では、カード使用の際に還元率が高いということです。つまり、カード利用額の一定額がポイントとして戻ってくるのが還元率と呼ばれるものですが、この還元率が楽天カードは他社のクレジットカードと比較して高いといわれています。

年会費が無料である上に、還元率も高いことからこのカードは非常に優れたものといえます。一方で楽天カードの海外キャッシングの際の落とし穴もあります。具体的な落とし穴としては、海外キャッシングの利用分は自動的にリボ払いになるということです。リボ払いとは、支払残高に応じて、毎月あらかじめ決まった額をクレジット会社に支払う方法のことを指します。これが落とし穴といわれています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.