楽天カードのキャッシングの金利は高いですか安いですか?

インターネットだとやけに楽天銀行のカードローンが目につきます。それにネットオークションなどでも楽天は良く目にします。人気ブランドみたいですけど、ズバリ言って楽天銀行のカードローンの金利って高いんですか、安いんですか?

楽天銀行の金利は銀行系なので低金利です

今、大人気の楽天銀行の金利は高いのか、安いのか?それだけなら、インターネットでカードローンの金利のランキング表示して見れば、一目瞭然なんですが、それでも、こういう疑問がわくのはなぜか!それは、カードローンの金利が普通のローンのような、元利均等分割払いじゃないからです。カードローンの金利は年利率の金利で日割り計算します。ですから返済日によって実質金利が違ってくるから返済方法によっても実質金利が違って来るからです。だから金利だけでは判断しにくいんです。

さらに返済システムの標準形は、残高スライドリボルビング方式という特殊な方式で、100万円借りて返済を続けていれば、元金が減るに従って月々の返済金額が、少なくなって行くという、とても優しい返済システムなんです。でも、ちょっと待ってください。それって、どこか変だと思いません?返済が進めば進むほど、返済金額が少なくて済む?それって、もしかして完済日を後ろに送らしているんじゃない?実はそうなんです。

つまりカードローンの金利は、早く払おうとすれば返済が大変、だから少しの返済でやりくりをしようとすれば返済期間が延びる。つまりどこまで行っても、利用者の自主性が、実質金利に影響します。そこで話を元に戻して、同じ条件で返済をするとすれば、やはり単純に金利が安いローンがいいんです。審査の難易度も大事な話ですが、あえて金利だけで比較して見ましょう。

ズバリ言って楽天銀行の金利は、高いのか低いのかというと、当然、低いです。楽天銀行は、銀行系のカードローンですから消費者金融系の金利とはやはり違います。(こちらもご参考に→銀行系でキャッシングをするメリット)金融会社ごとに金利は違うと言っても、金利のレベルには銀行系と消費者系で、少し区分が出来ます。銀行系は、上限金利ですと13%~15%、これに比べて大手の消費者金融会社は、17%~18%で金利はやはり銀行系が安いです。

楽天銀行のスーパーローンは年利率14.5%ですから、大手消費者金融会社の平均レベルより2%~3%安めです。勿論、カードローンを選ぶ基準は、金利だけではありません。会社の安心度、返済方法、利便性、サービス内容の多さなど、いろいろな要素があります。楽天銀行のもう一つの大きな特徴はインターネットでも大きな存在感を持っているという事で、ネットサービス全般に大きな市場とサービス網を持っています。ですからインターネットを利用しての様々なサービスを期待しているユーザの方には特に楽天銀行はお勧めです。

また銀行系のカードローンでありながら、利用限度額200万円までなら収入証明書が不要という窓口の広さも人気の理由です。また銀行振り込みによる融資、インターネットバンクを利用しての入金も可能です。さらに提携コンビニのATMも利用可能と、金利の加えてサービス内容の充実ぶりも目を見張るものがあります。楽天銀行は、消費者金融市場においても、ますます大きな存在感を持ってくる事は間違いないでしょう。

楽天カードのキャッシングの金利のタイプと水準

楽天カードのキャッシングの金利の水準は4.9%から14.5%と幅があります。具体的にドの水準になるのかは契約によって決まるのですが、具体的な数値については限度額と関係があります。限度額が100万円未満の場合には年率で14.5%、100万円以上200万円未満の場合には9.6%から14.5%というように、限度額が大きくなるのにしたがって金利は低くなってきます。

限度額が500万円の場合には、4.9%から7.8%とかなり低金利になっていますが、これは銀行ならではのサービスでしょう。限度額が小さい場合には消費者金融並みなのですが、金額が大きくなればかなり低い水準となるのは、銀行だからこそできるサービスだと言えるでしょう。
(⇒キャッシング先を選ぶなら楽天カードがいい?

楽天カードのキャッシングの金利は変動タイプであるという点には注意しておかなければなりません。契約の時にはある程度の水準を決めるのですが、定期的に見直しがなされます。見直しの時に低い水準となる事もありますが、高くなることもあり得ます。高くなれば、支払う利息の金額も高くなりますから、変動する事にはデメリットがあると考えておかなければなりません。

なお、契約の時に定めた水準は問題なく返済をしているときに適用される数値で、返済が遅れてしまうと遅延損害金が請求されます。遅延損害金とは、返済が遅れたときに支払うペナルティのようなものです。実際には残金に対する割合で請求されますから、返済が遅れると金利が高くなると考えておくのが良いです。

では、具体的にはどれくらい高くなるのかと言いますと、現在のところは年率で19.9%となっています。ほぼ20%です。20%と言っても年率で、実際には借りた日数に対して日割り計算がなされます。ですから、借入金額の2割の遅延損害金を支払わなければならないというわけではありません。しかし、それでも20%と言えばかなり高い水準ですから、返済が遅れてしまわないように注意しましょう。

【参考ページはこちら】
楽天カードキャッシングの審査は消費者金融より厳しい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.