楽天カードの種類でキャッシングは変わるか

キャッシングベスト3

楽天銀行のカードの種類によってキャッシングの利息は変わるの?

楽天カードを利用しています。キャッシングをしたいのですが、カードの種類によって金利が変わったりするんですか?金利ができるだけ少ないキャッシングをしたいのですが、そのためであれば、カードの種類を変えたいとも考えています。

楽天銀行が発行しているカードの種類で金利は変わりません

楽天銀行が発行しているキャッシング機能付きのカードの種類によって、キャッシングの金利が変わることはありません。どのカードを使ってキャッシングをしたとしても、年利18%のキャッシングを行うことができます。そのため、金利のためにカードを解約したり、新規契約を結ぶ必要はありません。

それよりも、楽天銀行のカードキャッシングと比較するべきなのは、ほかの金融機関のキャッシングです。楽天銀行の口座を持っている場合、キャッシングのしやすさは非常に優秀です。しかし、銀行としては、楽天銀行の金利は若干高いと言えます。金利の低い場所でキャッシングをしたいという質問からもわかるように、できるだけ借り入れのコストを抑えたいというのであれば、他の銀行のキャッシングも選択候補に入れるのがいいと考えられます。

また、楽天銀行のカードは、キャッシュカードと自分の口座へのカードが同一であり、ATMなどにアクセスするときにカードの向きを変えるだけという簡単な識別方法しかありません。間違えてキャッシングをする可能性にも気をつけるべきです。

他の銀行のキャッシングをするという場合、重要になるのは金利もそうですが、それ以上に大切なのは、その銀行の支店及び提携しているATMがアクセスしやすい場所にあるかどうかです。カードローンと違い、キャッシングはとにかく必要と思ったときにすぐに引き出せなくては意味がありません。自分がよく利用する場所の近くに手数料がかからない端末が設置してあるかをよくチェックしておきましょう。

【参考ページはこちら】
楽天銀行のキャッシング、一番お得なお支払いコースは?

楽天銀行のカードローンの特徴とキャッシングの利息について

楽天銀行には最大で500万円までのキャッシングが可能なカードローンが有ります。年利4.9%~14.5%となっており、審査により利用限度額と貸付金利が決まります。尚、楽天のカードローンは銀行のローンとなりますので総量規制の対象外です。そのため、年収の3分の1を超える貸付を行う事も可能になっていますので、年収が300万円しかない人でも100万円を超えるローンを利用する事も可能になります。
(⇒総量規制対象外のカードローンって使っていいの?

高額ローンを希望する場合は年収を証明する書類の提出が必要になります。この書類はサラリーマンの場合であれば、源泉徴収票や給与明細などで、個人事業を手掛けていたり自営業の人の場合は課税証明・確定申告のいずれかの写しなどになります。尚、楽天銀行のカードローンの場合は、200万円までの申込みの場合は、サラリーマンなどの場合ですと年収を証明する書類の提出が不要になっているのです。そのため、200万円以下の場合では、運転免許証、健康保険証、パスポートの何れかの本人確認書類だけを用意しておけば良いのです。

申込み条件としては、国内に居住を行っている20歳以上、60歳までの人が対象としており、継続した安定収入を得ている人が対象となります。因みに、楽天銀行には専業主婦専用のカードローンも用意されています。専業主婦の専用のローンは最大50万円までのキャッシングが利用出来るローンで、配偶者に継続した安定収入を得ている場合に申込みが可能になるローンです。但し、配偶者の収入証明書の提出は不要になっていると言った特徴が有ります。

年利は14.5%となっており、50万円を利用した場合の1日あたりの利息は199円となります。199円の利息は一見高いようにも感じる人が多いのですが、返済を行って行くことで元金が減ります。例えば、50万円を借りて1か月後に10万円を返済すれば元金は40万円になりますので、1か月後の利息は40万円×14.5%÷365日=159円となり、利息は元金が減る事で少なくなるのが特徴なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.