楽天カード急にキャッシング枠がでましたが

キャッシングベスト3

楽天カード使っていたら急にキャッシング枠がでましたが大丈夫?

楽天カードの利用者です。キャッシング枠を使用するつもりがなかったのでゼロ円で申込みをして主にショッピングで利用を続けています。ところが突然、キャッシング枠があるようになっていることに気づきました。これがいつからかはっきりしませんが、大丈夫なのでしょうか。

楽天カードが勝手にキャッシング枠を用意することはありません

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。有名大手のクレジットカードブランドと提携して発行されており、年会費無料で取得しやすいということが魅力の一つ。加えて楽天でポイントなどの高還元率が期待できるカードになっています。

楽天カードのキャッシング枠は、クレジットカードに付属したものとして標準的な設定になっており、1万円~90万円、実質年率18.0%というスペックです。同系列の銀行系カードローンに比べれば比較的控え目の設定になっていることがわかります。これは楽天カードがショッピングに力点を置いたクレジットカードだということが大きな要因だと言えます。

このカードに申込みする際に、希望するキャッシング枠を申請するようになっていますが、いきなり90万円を申込みするよりは低め低めの30万円程度を申込みすることが一般的なようです。あるいはもっと低く抑えて申込みする方が審査に通りやすいということも言われているようで、中には0円で申込みをする人もいらっしゃるようですね。

その後、クレジットヒストリーを形成した後にキャッシング枠の申請をすることができるようになっており、専用のサイトが用意されています。クレジットヒストリーとは利用実績のことです。毎月、5万円程度カード利用して毎月の返済を滞らずにしていくとクレジットヒストリーが良くなり、増額審査も通りやすくなるようです。このように良好なカード利用を継続していると楽天カードから増枠の案内があるようです。

ここで注意が必要です。増枠の申込みに際しては新規申込みと同様に信用調査が審査に含まれます。これは貸金業法に定める総量規制の関係でキャッシングできる金額の上限が決められているからです。ですから増枠の申請をした結果、減額という事態も可能性としてはあるのです。このようなキャッシングの上限を審査する為に個人情報を照会する必要があり、それには個人の了解が必要です。

本人以外がこの個人情報機関のレコードを照会することは厳しく、個人情報は固く守られています。ですから本人の了解なく個人信用情報を照会することはできないことになっています。ということは、増枠をすることに同意しなければ、照会することができないのであり、キャッシングの上限を知ることができません。消費者金融業者はこの限度を貸金業法で取り決められているのです。

貸金業法の総量規制は過剰貸付けを禁じており、個人の年収の3分の一を超えたキャッシングはできないことになっています。この時、他社からの借入も加算することになっています。ですからキャッシング枠の金額を他社からの借入残高と合計して総量規制を判断することになります。このような規制について楽天カードは消費者金融業者ですから、この枠組みは厳しく守っているのです。

以上のことから、本人の意思に関係なく自動的にキャッシング枠が増えるといったことは考えにくいという結論に至ります。このような場合、ご本人が申込みをされていて失念されたか、意識せず申込みのボタン操作などをしてしまったかの要因が考えられるでしょう。あるいは当初の申込みでキャッシング枠がゼロではなく10万円になっていたのではないでしょうか。

楽天カードで急にキャッシング枠がでました

「楽天カードで急にキャッシング枠がでました」ということは、よく耳にするものです。この反対に「急に利用停止になってしまった」ということもあります。これは楽天カードに限ったことではありませんが、近頃は楽天カードを名指しにしている情報が多いのも事実です。

楽天カードは急激に契約者を伸ばしたクレジットカードです。そのため発行に関してかなり審査基準が低く、途上与信にはナーバスになっているということが巷で言われています。途上与信とは、金融機関によって違いはありますが、数ヶ月ごとに契約者の信用情報を信用情報機関の掲載内容からチェックし、現契約で良いのか、見直す必要があるのかなどを判断する作業です。

これによってもともとはキャッシング枠を設けていなかったクレジットカードに、キャッシング枠を付帯することもあります。優良と判断された顧客には、積極的にキャッシング枠を付与しています。

しかし反対に途上与信の判断によって、キャッシング枠の利用停止やクレジットカード自体の利用停止が行われるということもあるのです。この途上与信でシビアに判断されるのは、ショッピング枠ではなくキャッシング枠だというこということも言われており、複数枚のクレジットカードを使用していても、キャッシング枠がなければキャッシング枠が突然出来るということも多々あるようです。反対にそこまでショッピングで利用していなくても、他のクレジットカードやカードローンでキャッシング枠を作った途端に利用停止になってしまったということもあります。

総量規制の判断は実際に借りている金額ではなく、キャッシング枠によって判断します。そのため利用していないのに枠を作っただけで利用停止になったということも起こります。キャッシング枠だけの利用停止であるのかカード全てに関して利用停止になるのかはカード会社ごとに違いますが、楽天カードの場合は特に厳しいという印象が持たれています。全く債務事故がないにもかかわらず強固な処置を行ってくることもありますので、自分の信用情報との兼ね合いは熟考しましょう。それだけ安全性を高めて、優良顧客に還元しようという経営方針の表れでもあります。

【参考ページはこちら】
楽天カードのキャッシング枠を無しにしたい時は

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.