レイクキャッシングの利用可能額はいくらか

キャッシングベスト3

レイクキャッシングの利用可能額はいくら?

家は共働きですが、マイホームを購入したばかりでかなりな節約生活です。でもたまには旅行にも行きたいと嫁に言われ、キャッシングしようかと思っています。そこで電車の中吊りでよく見かけるレイクはどうだろうと考えているんです。やっぱりよく聞く有名なところだと安心ですからね。

そこで質問なのですが、レイクキャッシングの利用可能額はいくらでしょう?どうせ申し込むのであれば、いざという時にも使えるよう、利用可能額が多い方が良いかなと思うのですが・・。

レイクキャッシングの最大利用可能額は500万円です

そうね。確かに住宅を購入したばかりでは経済的に節約を強いられるのはしょうがないわね。でもそればかりでも息が詰まっちゃうから、キャッシングを利用して息抜きすることは大事だと思うわよ。レイクの利用を考えているようだけど、レイクは新生銀行のカードローンだから、信頼性も高いし、知名度も高いので安心して利用出来るんじゃないかしら。選んで正解よ。

それに、あなたのようにしばらく経済的に不安定な状態の場合、何かあった時のために、なるべく利用可能額が多いところを選ぶのも正解ね。その点レイクキャッシングなら最大500万円までの利用が可能だし、銀行のカードローンだから、消費者金融と違って総量規制の対象外なのも大きなメリットだと思うわ。(こちらもご参考にどうぞ→総量規制対象外のカードローンって使っても大丈夫?)年収による利用可能額の制限が無いから、多額融資も可能なの。今のあなたには最適だということね。

もちろん実際の利用可能額は審査によって決まるから、正直最初から多額の利用は出来ないと思うけれど、キチンと返済して信頼関係を築けば、利用を続けるうちに増額も可能となるでしょう。返済計画をしっかり立てながら、上手にレイクキャッシングを利用して、節約生活も楽しみながら頑張ってみてね。

レイクキャッシングの特徴と利用可能額について

新生銀行カードローンはレイクと言う名前のカードローンです。レイクキャッシングと言うのは、この新生銀行カードローンのレイクの事を意味しています。レイクと言うのは、元々消費者金融の名前として存在していたものなのですが、この消費者金融の株式会社レイクは、現在では、新生フィナンシャル株式会社に改称されており、新生銀行カードローンのレイクの信用保証業務を行うなどしている、新生銀行の子会社になっています。

消費者金融だったレイクは、現在では新生銀行の信用保証業務を行う企業として存在しているという事です。また、レイクと言う名前はブランド名としてカードローンの商品名として利用されており、現在では新生銀行のカードローンとなっている事からも総量規制の対象外となるレイクキャッシングが可能なのです。

総量規制は年収の3分の1を超える貸付を禁止している規制で、貸金業者に対する規制となります。そのため、銀行法に準じて運営を行っている新生銀行カードローンのレイクは総量規制対象外なのです。それ故に、年収の3分の1を超える貸付を受ける事も可能になるのです。

所で、レイクキャッシングの貸付条件は次のようになります。申込み年齢は満20歳以上、70歳以下の人が対象で、融資額は1万円から500万円までとなり、貸付利率は実質年率4.5%~18.0%となります。

申込みを行う時に希望融資額を提示しますが、利用可能額というものは希望融資額と言う形ではなく、審査により決まります。例えば、希望融資額を300万円とした場合、審査を受けることで利用可能額が250万円まで減額することもあります。また、個人信用情報の中に、何らかの不利な情報が記録されていると減額だけではなく審査に通る事も難しくなるケースがあります。

自己破産や延滞は金融ブラックの状態になりますので審査に通る事は有りません。また、個人信用情報の中に遅延の履歴や、短期間の中で複数の銀行などに申込みを行っている場合等でも審査に通り難くなる要因となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.