キャッシングの借入れと返済ができる最高齢

キャッシングベスト3

キャッシングは何歳まで申し込みや借り入れや返済ができるの?

キャッシングは高齢者でもできると聞いたのですが、具体的に何歳まで利用することが可能なのですか?借り入れだけでなく、返済まで可能なのは何歳なのですか?現在60歳なのでいつまでキャッシングが可能なのか知っておきたいです。

キャッシングの借入れと返済ができるのは65歳までが主流です

キャッシングができる年齢というものが存在します。ローンの場合は、年齢制限が非常に高いのですが、キャッシングの場合は本人が65歳以上であると審査の段階ではじかれます。消費者金融の中には、ごくまれに70歳や75歳といった、65歳以上であっても可能できるケースもありますが、やはり圧倒的に多い年齢制限は65歳以上であることです。

この制限の目的は言うまでもなく、返済のトラブルを避けるためです。高齢化すれば、責任能力が低下し、返済のトラブルが増加します。現在の平均寿命では、債務者がこの年齢前後で死亡し、債権の回収が不可能になるというケースが減りましたが、若い年齢層に比べてリスクの高い利用者であることには変わりません。
(⇒おじいちゃんになっても借りられるキャッシングを教えて!

そういった面もあり、金融業者のほとんどは、65歳または70歳を借り入れができる限界と定めています。キャッシングの場合は、返済期間が短期のことが多いため、65歳未満で借入をして、返済中に65歳を超えるということはあまりないのですが、こういったケースに限り、65歳を過ぎても返済する場合だけは利用することができるようになっています。

【参考ページはこちら】
70歳以上でも借り入れ可能な場合の収入証明はどうすればいい?

銀行や貸金業者のキャッシングは何歳まで?

銀行や貸金業者が行っているキャッシングは何歳まで?というと、会社ごとに申し込み要件などが違いますので、一概には言えません。何歳から?ということであれば、学生専用といった一部の例外を除き、ほぼ「満20才以上」となっていますので分かりやすいのですが、上限についてはバラつきがあります。

年齢が高まると「死亡」のリスクが大きくなります。もし死亡して遺族が遺産放棄を行なってしまえば、回収はできなくなってしまうのです。そういったことから高齢者への貸付は消極的です。ほとんどの金融機関が満20才から満65才までが申込可能としていますが、「レイク」は満70才までと、年齢制限に関してかなり柔軟に設定されています。満69才までであれば、大手ではプロミス、アコム、オリックスVIPローンカード、アイフルなどがあります。
(⇒70歳以上の人がキャッシングの審査に受かるためには

しかしここでもう一つ気をつけなければならないのは、年金生活をおくっている場合です。年金以外の収入がない場合には申し込みもできないといった要件もみられます。数こそ少ないものの、年金生活者でも申込可能な金融業者のキャッシング商品はありますので、自分にあったものを見つけましょう。

年金についての対応はそのように会社ごとに違いますが、生活保護については一律「申し込み不可」の扱いになっています。年金は今まで働いてきた時代に支払ったことで得られるものですから、収入として解釈することはできます。しかし生活保護は収入ではありません。高齢になると「どちらも国から受け取るお金」として気持ちの上で違いが曖昧になりがちですが、キャッシングにおいては全く意味が違います。

このような年齢制限は無担保保証人不要のキャッシングにおいての話で、担保付きの場合には、金融業者もかなり柔軟になります。また高齢者がどこからも借りれないという状況を把握して、社会福祉制度の中で低金利の不動産担保型生活資金の貸付が行われています。年齢的にどこからも借りれないが担保はあるということであれば、このような制度の利用も検討してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.