未成年でもキャッシングできる所はあるのか

キャッシングベスト3

未成年かつ社会人で高額なキャッシング可能なところってあるの?

現在私は18歳なのですが、未成年であってもキャッシングができるところってありますか?ほとんどの消費者金融は20歳からって規定に書かれているんです18歳でも借り入れができるようになる方法があれば教えてください。

一部では婚約すれば18歳でキャッシングができます

消費者金融がキャッシングなどの借り入れが20歳からしか行えないのは、返済能力と責任能力に不安を感じているためです。18歳というと、年齢的には高校生か専門学校生であることが多く、ククリとしてはまだ学生です。この状態だあると、アルバイトは出来ても、企業に正式に務めるということはできないことが多く、収入が安定していません。学生ローンならともかく、消費者金融や銀行のキャッシングは不安視されるのです。(こちらもご参考にどうぞ→銀行系キャッシングのメリットとは

大手の消費者金融や銀行は無理でも、中小の消費者金融であれば、未成年のキャッシングを認めている場合もあります。この場合に重要なのは、本人の返済能力です。一番確実なのは、配偶者がおり、一定の収入がある場合です。婚姻関係があれば、成人とみなされ18歳でもキャッシングができます。

しかし、原則的には学生ローンの利用のほうがいいでしょう。リスクの面から言っているのではなく、金利などが優れており、制度が学生に適しているのでこちらのほうが得というだけです。キャッシングは20歳になればできるので、それまでは学生ローンを利用すればいいと考えられます。どちらにしても、この年齢で高額の借り入れをすることは不可能でしょう。

【参考ページはこちら】
19歳でも借り入れ可能なキャッシングはある?

未成年の社会人でキャッシング可能なところはある?

未成年の社会人でキャッシング可能なところは、結果から言うと「ない」と考えてよいでしょう。未成年は社会人であっても親権者の同意が必要です。未成年者の契約は、契約自体が無効です。そのため取り消しもでき、これが借金の契約の場合は債務自体が消滅します。

貸金業者は成年ではない者に対して親の承諾なしに貸付を行うことが法律で禁じられていますので、もし貸し付けてしまえばその貸金業者が責任を問われます。借りた側は、借りたお金も使ってしまっていれば返還する必要はありません。反対に言えば「親権者の同意があれば借りれる」ということになりますが、そこまでの手間や危険を犯してまで貸し付ける必要はないと考えるのが金融業者です。

また結婚することによって未成年であっても成年擬制となり、契約が可能となります。20歳未満で結婚して離婚をしても、その成年擬制は生きています。そのため借金の契約も自分の判断で出来ます。しかしこれもめんどくさいものですので、「契約の能力を有しているか否か」の話ではなく、会社が定めた利用条件満20才に満たっていないことを理由に、金融業者は申し込みを断っています。申し込み条件に「未成年者は不可」とは書かず「満20才以上」と書かれているのは、これによってあらゆる申し込みの可能性を排除できるからなのです。

しかし社会人ではなく学生であれば、18才19才でもキャッシング可能な金融業者はあります。独立している社会人よりも親がかりである学生は問題なく返済される可能性が高いと考えられています。そういった意味では社会人はこれから自分自身で信用をつくっていかなければなりませんので、それだけ金融業者からの目もシビアであるということなのです。

ただしクレジットカードの場合には、20才になっていない定収入を持っている人についてはかなり柔軟です。キャッシング枠をつけないことで審査が通りやすく、スピーディーにもなります。キャッシング枠をつけてそれを目的とすると、ほとんど通りません。
(⇒未成年でも借り入れがしたい方はこちらもご参考に

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.