70歳以上のキャッシングでは収入の証明はどうすればいいか

高齢者もキャッシングをすることができると友人に聞いたのですが、仕事を退職している場合は、収入がない状態になるので、キャッシングができるとは思えません。定年退職した70歳以上のキャッシングは実際のところ、銀行などで可能なのですか?

70歳以上のキャッシングはできませんが例外はあります

原則的に70歳以上のキャッシングはできません。しかし、キャッシングはできなくても借り入れ自体が不可能になるわけではありません。

仕事を退職して収入がないといった高齢者の人であっても、金融業者からお金を借りることは可能です。ただし、誰でも可能というわけではなく、それにはいくつかの条件があります。まず、国民年金や厚生年金などの年金機構を利用していて、その支給を受ける資格があること。加えて、本人に責任能力、判断能力が健在で、返済する意思があることです。この二つの条件を満たしている場合、年金は収入とみなすことができ、金融機関から借入をすることが可能になります。

定年退職した場合、現状では確かに無職ではありますが、年金は収入として申告することができるので、それに見合った額の借り入れは問題なく出来るのです。注意点としては、年金以外の収入がない場合、年金自体も返済費用に充てなくてはいけないので、返済する時に、生活を圧迫する可能性が高いということと、延滞行為などがあった場合、高齢者でも容赦なくブラックリストに載るということです。そのため、可能か不可能かという議論とは別にして、筆者としては、年金生活者の借り入れはおすすめしません。

しかし、急な出費が発生した時など、どうしてもまとまったお金が一時的に必要になることもあるでしょう。そういった時に、このような金融機関からお金を借りることが出来るということを知っておくだけでも、取れる行動の選択肢が広がります。

【参考ページはこちら】
レイクのキャッシングは年金受給者でも借りられる?

70歳以上のキャッシングは可能になるのでしょうか

キャッシングと言うのはお金を借りることを意味しています。消費者金融や銀行などでのキャッシングの申込み条件として安定した収入があり、それが継続している事を条件としているケースが多いものです。

また、年齢における条件としては、満20歳以上の人が対象となっており、上限というのは消費者金融や銀行などにより様々で、70歳以上のキャッシングが可能な金融機関や金融業者と言うのは殆ど無いのが現状です。尚、サラリーマンなどの場合は、60歳で定年を迎え、新しい職に就かない状態では年金の受給が開始されます。

キャッシングの申込み条件の中に、安定した収入が有ると言うことがありますが、年金を収入としてみなすかどうかは、申込みを行う金融機関や金融業者により考え方などが様々です。銀行の中でも、年金受給者は申込みを可能としているところも有れば、年金受給者は他の収入が無ければ申込みが出来ないと言った条件を設けている銀行もあるのです。

因みに、年齢の上限が69歳未満となっている場合などでは68歳などの人は申込みが可能になりますが、70歳の誕生日を迎えると新たな借入が停止されると言った特徴もあります。高齢者になればなるほど、返済におけるリスクが大きくなることからも、上限を70歳以下にしている金融業者や金融機関が多いのが特徴なのです。

尚、合法である銀行や消費者金融などの場合は、申込者の返済能力を重用しますので、返済能力が乏しいと言う判断が下されれば年齢に関係なく審査に通る事は有りません。因みに、70歳以上の人でもキャッシングの申込みが可能な金融業者は有ると言います。

但し、この場合のキャッシングと言うのは、年金の一部を使って返済をしていくことになりますので、キャッシングの利用限度額は数万円程度と言ったケースが多いのが特徴です。また、70歳以上の人でも、不動産所得などを得ているような場合には、年金以外の収入を持っていますので審査に通りやすいと言います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.