未成年だけどネットキャッシングがしたい!

キャッシングベスト3

未成年だけどネットキャッシングがしたい!方法を教えて下さい

もうすぐ成人式を迎えるのです。それで成人式に相応しい服をと、思うのですが先立つものが必要なのです。最近はネットでキャッシングできると聞きます。それなら未成年でも利用できそうに思うのです。方法を教えて下さい。

残念ですが、未成年者はネットキャッシングを利用できません

ネットキャッシングは現代社会の産物だといえるでしょう。インターネットを最大限に活用することで従来のキャッシング風景を全く変えてしまったともいえます。申込みからキャッシングの実行まで担当者と顔を合わすことなくできる道を開きました。事前にシミュレーションなどのサービスを利用して詳細にキャッシング利用の計画をチェックすることも可能。それだけに自分と相性がよい業者を選ぶことが重要なポイントにも。

銀行にせよ、消費者金融にせよネットキャッシングサービスを提供しています。この意味ではよりどりみどりなのです。しかし利用のパターンとしてはほぼ共通したものになっています。つまりインターネットから申込みをし、必要な書類をファクスやインターネットを利用して送付する。そして審査に通ったのち用意されている専用ページからキャッシングを申込みして振り込んでもらうというもの。(こちらも参考になります→スマートフォンにも対応しているキャッシング

移動時間がほぼないので申込みをする時間を選べば、即日キャッシングに限りなく近いネットキャッシング。それだけに利用希望者も多くなっているようです。しかしネットキャッシングにはコンピュータとインターネットの環境が必須だと思っていませんか?ほぼ同じことは電話での申込みとファクスの利用でできてしまうのです。この場合は申込みが営業時間に縛られて制限されるということ。

店頭で担当者と顔を突き合わせて申込書に書き込んでいくという風景はもはや過去の話になってしまったかも知れません。だからといって誰でも申込みができて利用できるということにはなりません。未成年の場合、ネットキャッシングは原則利用できません。というのもそこには法律という壁が立ちはだかっているからなのです。貸金業法と民法という難物が未成年とネットキャッシングの間にいるのです。

民法は未成年者の経済能力をないものと看做します。そして貸金業法は経済能力がない者に対するキャッシングを禁止しているのです。たとえ社会人以上に稼いでいる未成年であっても民法上は経済能力がありません。ですから、お金持ちの未成年であっても自分の名義で消費者金融からキャッシングしてもらうことはできないことになります。気をつけて欲しいのは見境なくメールしてくるネットキャッシングの誘いという事になるでしょう。

ネットキャッシングの流行は違法な営業を展開する業者も生み出し、巻き込むようになってきたのです。登録が必要な消費者金融業を未登録ですることはいうまでもなく違法行為ですから、この意味でヤミ金融という名前で呼ばれたりするのです。これらの業者がネットキャッシングの誘いをしても決して乗ってはいけないのです。そこからキャッシングすると法的保護がないということを知っておきましょう。

但し、民法上成人とみなされる場合であれば、本人の収入があるなら消費者金融でもキャッシングは可能になります。つまり婚姻した場合がそれに当たります。あるいは貸金業の制限を受けない銀行系のネットキャッシングに利用できる可能性があるのですが、当然銀行系は厳しい審査が待っていますので簡単ではないでしょう。ですからここはグッとこらえて慎重になることをお薦めします。

未成年ならネットキャッシングがお勧めです

20歳未満でも携帯電話を購入したり、パソコンを購入したりと、お金が必要になる時があります。その時に貯金があれば良いですが、ない人が大半です。そこで待って半年後や1年後に購入するのも良いですが、それは非常に勿体無いです。機会がある時に買っておかないと、後悔をします。そこでお勧めなのが未成年でも利用できるネットキャッシングです。未成年を対象としているため、限度額が低く設定されており、使いすぎる心配がありません。

申込をするためには、いくつか書類を用意する必要があります。その書類とは本人確認書と親族の同意書です。本人確認書は学生証や自動車免許証を使うことができます。親族の同意書は必ず必要になるため、事前に用意しておきましょう。同意書がないと絶対に契約することはできないので注意が必要です。

申込が完了したら、次に審査になります。ネットキャッシングの場合まず仮審査から受けることになります。仮審査は簡単に審査を行うだけなので、よほどの問題がなければ通過することができます。仮審査に通過することができたら本審査に移ります。本審査では、提出された書類に間違いがないか、支払い履歴に問題がないのかをチェックしていきます。過去に特に大きな問題がなければ、通過することができますが、問題があった場合通過することができないかもしれません。
(⇒キャッシング審査に通るコツってある?

本審査に通過することができれば、ネットキャッシングサービスを利用することができます。ネット上でお金の借入ができるので、未成年でも簡単に借り入れすることができます。
 
未成年が利用する上で注意しなければならないことは、使いすぎないことです。そのためにはまずシミュレーションを行うと良いでしょう。ネットキャッシングのホームページにはシミュレーターが設置されているので、計算をしてみましょう。元金を入力するだけですぐに結果を得ることができます。とても簡単に利用できるので一度行っておきましょう。

【参考ページはこちら】
成人と比べて未成年のキャッシングが不利な理由

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.