キャッシング可能な年齢上限は何歳なのか?

キャッシングベスト3

おじいちゃんになっても借りれるの?キャッシング可能な年齢上限

今のご時世ですと老人と呼ばれる年齢になった時にも年金が貰えるのかどうかも不安ですし、きっと今よりも良い商品も増えていて買いたい物もあるでしょうし、老後のお金がとても不安です。今のようにカードを使って買い物をしたり、キャッシングをしたりする事で、数回に分けて支払いができると便利だと思うのですが、キャッシング可能な年齢上限は何歳くらいなのでしょうか?おじいちゃんになってからも借りれますか?

年齢上限は65歳~70歳くらいまでが一般的です!

貸金会社にもよるのですが、だいたい定年退職を迎える65歳くらいを基準にしている事が多いかと思います。65歳で終わりという会社もあれば、それから数年くらいは猶予を見て70歳くらいまで可能とする会社も。一般的にはこの範囲である事が多く、さすがに80歳や90歳でもOKと言う会社は私は見たことがありません。少ないというか、ないと思います。

最近は定年後もアルバイトをしている方が多いですよね。65歳までとなっている会社ではアルバイトをしていても無理ですが、70歳までという会社でならばアルバイトも収入とみなして貸してくれます。また、年金も収入になるので、年金を受給していれば貸してもらえるという会社も多いです。
(⇒70歳以上の人がキャッシングを利用するためには

この先、どうなるのかは分かりませんが、定年退職をもっと早くするとか、年金が少ないから働きたがる老人も多いので定年退職をもっと遅くするとか、いろいろ言われていますよね。年金も将来貰えるかどうか不安なニュースも多いです。今後の定年退職の時期の変更や、定年後のバイトの状況、年金の受給率(額)によっても、キャッシング可能な年齢上限は上下していくと思います。目安として、定年退職時~数年が上限になるでしょう。

確かに、お年寄りになっても買いたい物はたくさんありそうですよね。今のお年寄りにとってパソコンなんて高価なお買い物で拒む方も多いですが、実際に購入している方はとても便利そうにお使いになっている事が多いです。さらに便利な物で高価な物は増えるでしょうから、お年寄りにだってローンやキャッシングが必要な時代になるような気がします。

ただ、1つ問題点があります。やはり年を重ねる毎にどうしても近づくのが“死”ですよね。こんな事を書きたくはないですが、現実的なお話として書いておきたいと思います。死ぬ人にお金を貸したくないという訳ではないと思うのですが、もし借金が残っている間に死んでしまったらどうなるか知っていますか?

債務というのは生きてる人に相続されるモノの1つなんです。つまり、遺品や遺産、保険金などを生きている子供や孫に残す事も多いと思いますが、この残すものに借金も含まれてしまうんですね。お金やお金になるもの、生きていた時の思い出の品などを引き受ける分には良いですが、借金まで相続しろと言われるとどうですか?多くの人が困ると思います。保証人でもないのに返済義務が発生するなんてイヤですよね。

一応、債務の相続を拒否する事もできますが、そうなると貸したお金は返って来ないという事になります。ご老人になる程に返って来ないかもしれないリスクが大きくなってしまうんです。だから年齢制限しているのかと言われると微妙ではありますが、お金の問題は残る程に大変ですからね。私たちが老人と呼ばれる時にも、借金を残さないようにしておくべきなのではないでしょうか?年と重ねる程にお金を借りるという事を真剣に考えるべきかもしれません。

キャッシング可能な年齢上限は70歳以上なのです

仮にお金を返すことに自信があったりとか、お金を借りた場合でもきちんと毎月の返済には返す自信があったりする人もいるでしょう。中には急な出費や予想外の値段にもう少しお金があればなんとかその場をやりくりできるのに今回だけはどうしても苦しいと言う場面もあるでしょう。そういった時に便利なのかキャッシングで、お金を借りることによって急な出費や予想外の出費でも十分に対処することができるのです。

ところが、その便利なキャッシングが使えることができる年齢の上限があるのです。キャッシング可能な年齢条件はいくつかと申しますと69歳までです。つまり70歳を超えるといくら返却する自信があるといえども、キャッシングをすることができません基本的には70歳を超えるとほとんど収入がなく、返済する見込みが不可能だからと考えられているからです。

もちろん実際に70をこえていても自営業やもしくは会社の中でまだ仕事を続けている人というのもたくさんおられるはずで、実際に年齢というだけで線引きをするのはおかしい面もありますが、画一的に70歳以上はキャッシングができないという風に線を引いている以上、キャッシングをすることができないのです。

キャッシング可能な年齢条件は70歳以上であり、 逆に18歳未満の年齢制限の方が理由としては未成年者保護と言う意味で分かりやすいのですが、単純に収入があるとか無いとかではなく70歳以上で線をひかれるのは本当に絶対に返す能力のある人にとっては辛い基準だと思われます。

しかしむしろ上限に制限がないとなると、認知症や詐欺事件に巻き込まれて結果的に膨大な借金をするの背負ってしまうということも考えられるので、その人の主観である収入があるとか無いとかという基準よりも、客観的な基準として年齢制限をしているのは仕方がないと思われます。最近では年齢よりもわかく見える人が増え、実際にはたらいているひとも少なくありません。近い将来キャッシング可能な年齢上限の基準があがるかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.