キャッシングの利用目的の面接質問で審査に通りやすい使い道とは

キャッシングや借り入れをするときに、面接を行う場合がありますが、その際に資金の使い道について聞かれた時に、どういったことに使うと答えるのがいいのでしょうか?特に、借り入れの金額が大きい時にこの質問を受けることが多いと思うのですが、どういうふうに答えればいいですか?

借入の際に使用目的は規約に違反しなければなんでもいいです

借入の際に、そのお金の使い道を聞かれることがありますが、それはあくまで確認のためであって、なんと答えたからといって審査に影響するわけではありません。しかし、その中でも避けたほうがいい回答というものは存在します。借り入れ自体を断られる回答と、限度額を下げられる可能性がある回答が存在します。

まず、借入の際に、契約そのものを断られる回答が、事業資金に当てるという回答です。正確には、規約違反になる使用目的の場合です。金融業者のホームページを見ると、借入の目的に所に「事業資金を除く」と記載されていることが多いと思います。このような時に、利用目的が事業資金だと審査ではじかれます。月に、ギャンブルなどの遊興費に当てるとする回答。これもかなり厳しい目で見られます。たとえ事実でも避けたほうがいいでしょう。

次に、審査で弾かれなくても、限度額を引き下げられる可能性がある回答についてです。まずは生活費です。生活費に充てるという回答は、それだけ利用者が、資金の工面に困っているという証であり、貸す側からすれば、資金の回収ができなくなる危険性が高いということになります。そのため、リスクを下げるため、借り入れの限度額を低く設定することがあります。また、ローンの返済等の場合は、限度額は下げられませんが、それに適した借り入れのプランを進められることがあります。

それ以外であれば、特に使い道としては問題ないと判断されることが多いので、正直に話してもいいでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行系キャッシングは審査が厳しい?それは何故?

キャッシングで審査に通りやすい使い道とは

最近はキャッシングを利用する人がやや減少したように感じられます。また利用したくても利用出来ない人もいる事でしょう。それではキャッシングはどの様な場合が審査に通りやすい使い道でしょうか。最初から高額な借り入れは難しいしいでしょうから、小額の借り入れからはじめましょう。そして使い道は生活費などではなく、どちらかと言えば贅沢品になる様な、アクセサリーや洋服などに使う事です。

生活費などは生活に困窮している印象を与えるために、返済が大丈夫なのかが心配になるのです。大体の場合が生活費に困って借り入れた場合は、返済に困り自己破産などを選択する人もいるからです。その点贅沢品やそれに近い物は生活費は問題ないが、それよりチョッと上の生活を目指して借り入れをするので、返済に困るような事は無く万一困ったら今後の借り入れをやめる事で返済に充てられるからです。

この様に小額の借り入れから初めて、必ず返済を滞らせる事の無い様に確実に返済しましょう。このことの積み重ねが信用につながり、借入限度額がだんだん増えてくる事でしょう。当初よりも借り入れ限度額が増えてたら、借入額も増やして欲しかった腕時計やブランド品のバッグや洋服を買って、返済は確実に滞らせる事の無い様にしましょう。

この様に実績を積み信用を得ると、借入限度額も大きくなるのでいざと言う時に助かります。また車などの大きな買い物が出てきても、融資が比較的うまく行くことでしょう。何事においても実績と信頼を得る事は、次の大きなステップに繋がるのです。それはキャッシングにおいても同じ事が言えるのです。

この様に審査に通りやすい使い道としては、生活費などの様に返済の危ぶまれるような物より、生活に潤いを与える様な使用目的や物品の方が良いようです。生活や給料は安定していて、それプラスの生活になるので余裕が認められます。また万一の場合は持っている物品を現金に替えられる可能性もある事も、その要因の一つでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.