なぜ銀行系キャッシングは審査が厳しいのか

キャッシングベスト3

銀行系キャッシングは審査が厳しいと聞いたのですが、なぜですか?

キャッシング会社には銀行系と消費者金融系の大きく分けて2つがありますが、とりわけ銀行系のキャッシング会社の方が審査が厳しいと聞きます。それはなぜなのでしょうか?

金利の設定が関係しています

確かに、銀行系キャッシング会社の方が消費者金融系のキャッシング会社より審査が厳しいという話はよく聞きます。しかしそれは、金利が関係しているのです。金利はキャッシング、つまりお金を借りた時に発生する利子のことですが、この金利は消費者金融系の方が銀行系よりも格段に高く設定されていることがほとんどです。

これは逆に言えば『銀行系キャッシング会社の金利は低い』ということになり、結果的に『キャッシングサービスに手が出しやすい』ということにつながります。キャッシングで借りたお金を返すときはこの金利分も加算して返済しなければなりませんから、やはり金利は高いよりも低いほうが顧客側としては嬉しいですよね。
(⇒銀行系キャッシングにもメリットはある?

しかし、そうすると今度は『銀行系キャッシング会社の方が低金利だ』という理由で利用しようとする人が莫大に増えます。すると会社側もいいお客を選ぼうと選りすぐりをするため、審査が自然に厳しくなってしまう傾向があります。

また、最近の不況で『貸し倒れ』のケースも増えており、これが続くということは会社にとっては不利益が増えるということですから、貸し倒れは会社としても避けたいところ。この点も含めて、やはり『確実に利用し、着実に返済してくれる人』を求めて審査は厳しくなります。それだけではなく、2010年に貸金法が改正されたことによって状況はさらに厳しくなっているのも事実です。

ただ、銀行系キャッシング会社は親が銀行だとはいえ、消費者金融会社であることに変わりはありません。ですから、ライバル社と競争を続けていかなければならないのです。そうすれば、サービスを充実させ、より多くの人に利用してもらいたいと考えるのもおかしくはありません。銀行系キャッシングの審査が厳しいとはいえ、それは半々で事実とウソが入り混じっている、ということになりますね。

【参考ページはこちら】
消費者金融とキャッシング会社の違いって何?

消費者金融と比べると銀行のキャッシング審査は厳しい?

消費者金融会社と銀行でキャッシングを利用する場合にはそれぞれに違いがあることをご存じでしょうか。キャッシングをこれから利用しようと思っている人は、まずはそれぞれでキャッシングした際の違いを知っておきましょう。主に違うところとしては、金利、審査の早さ、総量規制の対象となるかどうか、審査基準の違いがあります。それぞれのメリットを把握したうえで、上手に利用することが大切です。その違いを理解していないと、カードを作ったあとに後悔してしまうことがあるかもしれません。

まず金利の違いとしては、消費者金融会社よりも銀行のほうが金利が低くなっています。つまり、長期的に多くのお金を借りたいと思っているような人には、銀行でのキャッシングが向いていると言えるでしょう。また、審査の早さも違います。審査の早さでは、消費者金融会社のほうが早い傾向にあります。理由としては、消費者金融以外では審査をするために必要な書類が多く時間がかかってしまいます。そのため審査が遅くなってしまうことが多いからです。

また、総量規制の対象になるかという点でも二つには違いがあります。消費者金融会社は総量規制の対象になるため、借入限度額が年収の3分の1以上は借りることができませんが、銀行ならば総量規制の対象にならないため、それ以上を借りることが可能です。そのため、将来的にたくさんお金を借りるかもしれない、という人にはお勧めとなっています。
(⇒キャッシングの総量規制を回避する方法

また、審査基準も違いがあります。銀行は審査基準が厳しい?と思っている人も多いかと思いますが、実際にはそんなことはなく、最近では消費者金融会社と同じぐらいのスピードで審査をしてもらえるところもあります。ですので、審査基準については、特にどちらとも大差はありません。
このようにそれぞれに異なるメリットがあることを理解したうえで、自分に合った使い方をすることが大切です。自分に合った使い方ができれば、より生活を快適にすることができるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.