キャッシング申込は通るのにローン審査が通らないのはなんで?

私は以前ローンの申込をしたんですけど、審査ではじかれてしまいました。同時期に申し込みをしたキャッシングの審査はすぐに通ったのですが、なぜローンでは審査ではじかれてしまったのでしょうか?収入は問題ないと思っていたので、ほかに問題点があれば知りたいです。

キャッシングとローンの審査難易度は全くの別物です

キャッシングの審査は、審査というよりも書類選考程度の意味しかありません。それに対して、ローンの審査は、契約者に返済能力があるの厳密に審査します。そのためキャッシングの審査には通っても、ローンの審査には通らないという人も珍しくないのです。難易度において大きな差があるのです。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシング審査に通れないとクレジットカードは作れない?

ローンを組む場合、重要になるのは、収入の高さよりも長期的な収入が確保できるかどうかにかかっています。収入に問題がないという場合、その額ではなく、長期の返済に難があると判断されて審査にはじかれることが多いのです。特に、収入が安定しない非正規雇用の場合は、審査が非常に厳しくなります。

ほかの問題点として考えられるのは、ローンの借入額そのものの大きさです。額が大きくなった場合、返済にかかる毎月の額が大きくなり、収入との釣り合いが取れないと判断される可能性もあります。収入と釣り合わないと金融業者に判断されないためには、借入額を小さくするか、返済期間を延ばし、無理のない返済プランに修正する必要が出てきます。

キャッシングローンの審査に通る人と通らない人とは

キャッシングは銀行、消費者金融、信販会社などで利用する事が出来るもので、申込みを行うと審査が行われます。一般的に銀行は低金利ですが、審査が厳しいと言います。また、消費者金融などの場合は審査は比較的緩いものの、金利は銀行と比較すると高めになっているのが特徴です。しかし、少額のキャッシングが必要になり、消費者金融の申込みを行う人も多くなっています。

消費者金融と言うとあまり良いイメージを持たない人もいるのですが、貸金業法が改正された後は、利息制限法や貸金業法を守って運営を行っている会社が多く在りますし、中には銀行グループなどの傘下にある銀行系の消費者金融も多くなっている事からも、以前と比較するとイメージも悪くありませんし、いざと言う時のためのキャッシングが利用可能になっているのです。

カードローンは審査により利用可能な限度額が定められ、何度でも繰り返してキャッシングが出来るローンです。専用のカードを使ってATMから現金を引き出して利用出来るのが特徴で、24時間営業のコンビニエンスストアに設置されているATMを使えばいつでもお金を引き出せると言う魅力が有ります。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシング専用のカードを使うメリットとは

審査は個人信用情報の照会を行って行われることになりますが、審査に通るか通らないかは、この個人信用情報に記録されている過去の事実にあるのです。個人信用情報と言うのは、信用情報機関が管理をしている申込者の情報であり、申込みの履歴、過去の借金の遅延などの返済履歴、ローンの借入残高、延滞や破産などの金融の中での事故などの情報が記録されています。

審査に通る人と言うのは、この個人信用情報の中に、申込みにおける不利な情報が記録されていない人であり、審査に通らない人は申込みにおける不利な情報が記録されていると言う違いが有ります。破産や延滞などの記録が残されている場合は、審査に通る事は難しくなりますし、頻繁に申込みを行っている場合も審査に通らないケースが多く在ります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.