キャッシング審査が通らない理由は自分か?

キャッシングベスト3

キャッシング審査が通らない理由はやっぱり自分なのだろうか

初めてキャッシングを申し込んだのですが、キャッシング審査に通りませんでした。別に誰かに審査に通らなかった話をする事もないと思いますが、審査に通らない=ブラックだと思われそうでなんだかイヤです。やっぱり、キャッシング審査に通らない理由は自分にあるのでしょうか?ブラックと同じなのでしょうか?

過去に事故がなければ何も悪くないですよ~安心して!

ブラックリストに載っている人はキャッシング審査に落ちて当然なのですが、ブラック以外にもキャッシング審査に落ちる人はたくさんいます。それは全くブラックの人たちとは違う理由なので、ブラックと同じだなんて思わなくて大丈夫です。ちょっと大袈裟に解説してみましょう。

年収300万円の人が200万円借りたいと言っても無理です。この時点で審査に通る事はありません。200万円の新車が欲しいです。だから自動車ローンを申し込みました。でも、審査に落ちてしまってローンが組めませんでした。なのでキャッシングに申し込んでみました。この場合、自動車ローンの審査に通らなかった時点で、一般的な審査にも通りません。

なぜだか分かりますか?自動車ローンは総量規制の対象外なので、年収が300万円であっても200万円を借りれる可能性はあります。ですが、キャッシングは総量規制の対象になるので年収が300万円だと200万円も借りる事はできません。金利が低い分、自動車ローンの方が審査は厳しいので自動車ローンの方が借りにくいのですが、総量規制で言うと、自動車ローンの方が借りやすいという事になります。このように、自分の年収で借りれる限界を超えた金額を希望融資額にした場合、審査に通らない事もあります。審査に通ったとしても、希望した金額よりグッと下げられるでしょう。

希望した金額が総量規制の範囲内で、さらに30万円程度などと少額融資を希望しているにも関わらず、審査に通らなかった場合の理由として考えられるのは、勤続年数が短いという事です。入社して間もない新入社員の人や、転職したばかりの人など、申し込み時点の職場での勤続年数が短い程に審査は不利になります。

初めてのキャッシングの申し込みという事なので関係ないですが、他社での借り入れ(返済中)があったりすると、それだけ不利になります。また、どこにも借りていないとしても、初めての申し込みであったとしても、一気に5社くらい申し込みをしたなど複数に短期間で申し込みをするだけで、審査に通らない事もあります。一括審査サイト経由などは厳しいかもしれません。

貸金会社によって審査基準もいろいろです。A社がOKという事もB社ではNGになる事だって多いです。単に申し込みをしてみたキャッシング会社の基準が、たまたま自分の収入や勤続年数などの情報に合っていなかっただけかもしれません。同じ金額・金利のローンやキャッシングであっても、A社とB社で審査結果が割れる事は多々あるのです。もしかしたら、別の会社に申し込みをしていたら、審査に通っていたかもしれません。

ブラックリストに載っている、他社から既に借りている、申し込みを一気にやりすぎたなどになると、自分が悪いのかもしれませんが、勤続年数が少ない、申し込みをした会社の基準に合っていなかったなどであれば、何も悪いことはないので、堂々としていても大丈夫ですよ。少なくとも本当に初めてなら、初めてなのにこの時点でブラックになる事はありません。

キャッシング審査が通らない理由は様々あります

手持ちがないのに、断れない急な飲み会に誘われた、遊びに行こうと誘われたなど、突然お金が必要になった時に、すぐに必要なお金を借りる事ができて便利なのがキャッシングです。設定された限度額の範囲内であれば、いつでも手軽に借入が可能です。

ただ、利用する為には、消費者金融などで審査を受ける必要があります。審査の方法は複数あり、無人契約機や店頭、パソコンや携帯、スマートフォンなどからの申し込みであれば、最短30分で審査が完了し、審査に通ればその日のうちに必要なお金を借りる事ができるようになります。

審査は、年収や雇用形態、勤続年数など、こちらから提示した情報を元に行われます。更に、勤務先に電話で、在籍確認が行われるのが一般的です。在籍確認は、オペレーターが個人名で電話をし、在籍しているかを確認するだけなので、それが消費者金融からの電話、キャッシングの審査の為の電話という事は、まず気付かれる事はありません。

ただ、キャッシング審査を受けても、通らない可能性はあります。通らない理由は人によって様々です。キャッシングなど、借入をするのが初めてで通らない場合、年収や勤続年数などに問題がある事が考えられます。消費者金融の場合、仮審査が用意されている事があるので、年収などが少ない場合、まずは仮審査から始めるのがお勧めです。

非正規雇用の場合、年収などの基準に達していても、現在の勤務先での勤続年数が極端に短い場合、審査に落ちる可能性が高まります。正規雇用は勤続年数が短くても通る可能性が高いのに対し、非正規の場合、勤続年数が短い場合、審査落ちの原因になってしまいます。

更に、在籍確認ができない場合もまた、審査落ちしやすくなります。アルバイトやパートなどの場合、電話に出る社員の人に存在を認識されていなければ、在籍確認をして貰いにくい状態になります。その場合、あらかじめ電話がかかってくる可能性がある事を伝えておくなどする事で、審査落ちの可能性を減らす事ができます。

【参考ページはこちら】
キャッシングの審査に通りやすくするための準備

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.