キャッシングの審査通るクレジットカード?

キャッシングベスト3

キャッシングしたいので、審査が通りやすいクレジットカードは?

キャッシングの利用を考えています。今回はクレジットカードでキャッシングしたいのですが、審査に通りやすいクレジットカードはどうやって見つければよいですか?

ショッピングでの利用が前提ですのでキャッシングは控え目に

キャッシングを考える時、カードローンなどのキャッシング専用のカードを利用したキャッシングをする方法、その他のサービスに重点を置いたカードを利用する方法のどちらが自分に合っているかを選ぶ必要があります。キャッシング専用でなければ、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用したキャッシングがむしろ便利だということもあるのです。これを選ぶのは自分のライフスタイルなのです。

インターネットの普及はショッピングのあり方に革命的な変化をもたらしました。自宅にいたままでショッピングすることができるということだけでは済まない変化が生まれています。デスクに着席したままで、外国のサイトを検索し、ショッピングが可能なのです。このような生活スタイルが普及したのはクレジットカードによる決済の普及によるところも大きいのです。

さてクレジットカードを取得する時、キャッシング枠の申込みを同時にできるようになっているはずですが、申込みの審査で与信を判断してカードの利用限度額が決定されることになります。その次にキャッシング枠が決定されます。ショッピング利用可能額はカードの利用限度額からキャッシング枠を引いた金額になります。なので、利用限度額が40万円で、キャッシング枠が20万円であれば、ショッピング枠は20万円です。

これらの枠の決定に際して、キャッシング枠の設定には貸金業法が関係してきます。キャッシング枠は提携しているクレジット会社ではなくクレジットカードを発行している会社の業務なのです。ですからキャッシング枠の決定の際、個人信用情報機関に記録されているキャッシング利用状況が参照されて審査を受けていることになります。ですからキャッシング利用枠の決定は時として総量規制の制限を受けることになるのです。

貸金業で定めている総量規制は年収の3分の1を超えたキャッシング利用を禁止しています。ですから消費者金融業者が発行しているクレジットカードの場合はキャッシング枠の設定は、他社からキャッシング残高があるようなら厳しい算定を受けることになりがちです。ということは、他社からのキャッシング残高があるのであれば、総量規制の対象外である銀行系のクレジットカードの方が良いかも知れません。

クレジットカードのキャッシング枠を目当てにカードを取得する場合でも最初から大きなキャッシング枠を期待するとカードの取得そのものが厳しい結果になりがちです。そもそもクレジットカードがキャッシング利用のためのものではないことから判断しても妥当だと言えるでしょう。クレジットカードの考え方に則した利用方法を考えることが建設的です。

クレジットカードはショッピングで利用して後払いするという用途が基本です。その利用を堅実に継続することでクレジットヒストリーが育ちます。そして不要なクレジットカードやキャッシングカードを処分して必要なカードに絞り込んでいきますと、信用状態がより良い状態に整えられることになります。このような作業を半年程度は継続したいものです。

その後、キャッシング枠の申込みをしましょう。そうすると少しずつキャッシング枠の増枠が認められやすくなっていくのです。このような増枠申請は年に2回程度が目安になっています。一時的な増額は電話で申込みすることで対応してもらえますので、実際の利用に於いてはこの方法で充分だと言えるでしょう。従って銀行系クレジットカードにキャッシング枠を0で申込みすることが最善だということになります。

キャッシングの審査が通りやすい属性の特徴とは

基本的に、キャッシングの審査が通りやすい属性には、共通した傾向があります。これは審査の際に重視される項目で、申込者の信用度を評価する際に用いられるものです。このキャッシングの審査の属性の中でも、年齢は重要な評価対象です。

キャッシングは主な利用対象者を、30歳代前後に設定しており、独身者であればより審査に通りやすくしています。そのため、この属性を兼ね備えている方の場合は、容易に融資を受ける事が可能になるのです。独身者の方の場合は、自由に使えるお金が多く、既婚者の方と比べ経済的な自由度が高い傾向があります。これは教育に関する出費や、住宅のローンを抱えている可能性が低いためで、与信額の設定も高額なものになり、融資条件としては優遇される事が多くなります。そのため、申込者が三十代の独身者である場合は、より審査が通りやすいのです。

また、審査に通りやすいポイントとしては、申込者の職があります。基本的に、金融機関からの借入を行う場合は、安定した雇用が大きく関係してくる事になります。それ故に、知名度の高い有名企業の社員の方の場合は、審査が短時間で終了することも多くなります。また、公務員の方の場合も、雇用の安定性という面が高く評価され、融資条件が優遇され、キャッシングを利用できる事が多くあるのです。

しかし、職種として不利な条件をもつものに、収入の安定しないアルバイトや、水商売関連の職業、短期の契約労働などがあります。また、規模の小さな企業を経営している個人事業主の方なども、審査基準は厳しくなります。そのため、予め個々の職業に関する属性が、審査基準に適合しているかどうかを把握しておく事も大切なのです。

そして、この審査では居住年数も重要な要素です。キャッシングの審査では、持家という条件に加え、居住年数が重視され、長期間同じ場所に住んでいる事がプラスの評価になります。そのため、借り入れの際には、居住年数という点も確認して審査に臨む事が重要です。
(⇒審査に通れない原因はやっぱり自分自身にある?

【参考ページはこちら】
キャッシングの申込み前には評判も参考に

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.