勤務先等でキャッシング審査は変わるのか

キャッシングベスト3

勤務先によってキャッシング審査が甘い判定になることある?

キャッシングを考えているのですが、職種や勤務歴や勤務先といった情報で審査の難易度が変わったりするんですか?収入がすべて同じだとしたら、こういったそのほかの情報はどの程度の価値を持つのか知りたいと思います。

キャッシングの審査では職種等の差異はほぼありません

キャッシングの場合、審査が非常に簡潔です。金融業者が知りたいのは、本人の素性と返済出来るだけの収入があるかということだけです。利用者がどこに勤めていて、何年働いていて、どんな仕事をしているかなどはどうでもいいのです。そのため、考慮されるのは正規雇用か非正規雇用かといった程度で、それ以外のことは収入しか判断基準にならないことが多いです。

キャッシングの審査はスピードが勝負です。なぜなら、もともと金利を低くできない上に現在は消費者金融だけでなく銀行もキャッシング事業に参入し、非常に激戦区になっているためです。そんな時に、情報の確認などで審査に何日もかかるようでは、利用者はもっと早く借入ができるほかの候補に流れてしまいます。そういったことを避けるために、キャッシングの審査は最低限のことしか見ません。
(⇒キャッシング審査が甘いところってある?

こういった理由もあって、キャッシングを申込む際は、自分の職業や勤続年数はほとんど気にしなくてもいいでしょう。どこに勤務しているかなどは、金融業者の担当感は気にも留めないことが多いのです。そんなことよりも、正確な情報を申告することのほうがよほど大切でしょう。

勤務先についてのキャッシング審査が甘い金融会社は?

「勤務先が上場していないから」「あまり有名なところじゃないから」「給与が振込じゃないから」といったことからキャッシング審査で勤務先がネガティブな情報として受け止められるのではないかと心配する人も多いでしょう。

しかし、バブル崩壊から終身雇用は絵空事になりましたし、銀行は潰れないといった神話も覆されてしまいました。そんな中で「どんな会社が勤務先であっても、明日をも知れない」という意識が芽生え始め、それは金融業者にとっても同様です。公務員であったり、よほどの会社が勤務先でなおかつ正社員であるということでない限り、あとは磐石とはいえません。

また働き方も正社員が常識ではなく、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど、様々です。(こちらもご参考にどうぞ→派遣やアルバイトでもキャッシングはできるの?)そういった社会の流れに柔軟に対応しているのがキャッシング審査です。どこに勤めているかよりも、「確実に返してくれる人であるのか」の方が重要です。転職経験がなく長く勤務していればそれだけ評価は高くなりますし、居住も長ければ更に良しです。

また転職についても審査は柔軟になっていますので、転職後すぐの申し込みでなければ、そこまで問題視していない金融業者も多く見られます。全体的に勤務先についてのキャッシング審査は、甘いものになっています。それは特に大手の貸金業者に見られる傾向です。

年収についても現在年収が高くてもコミッション率が高ければ不安定ですし、低くても確実に毎月貰える金額であれば返済も確実ですので、給与が安いから利用できないとは一概に言えません。総量規制の範囲であることが条件となりますので貸付金額には影響しますが、必ずしも契約できないわけではないのです。

ただし、過去に問題があっても積極的にキャッシング審査を行うような中小の貸金業者の場合には、過去の対する判断は甘いものでも、現在の状況については大変シビアになります。そういった貸金業者であれば、会社規模や転職状況などが審査に大きく影響することは考えられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.