高額のキャッシングはしないほうがいいのか

キャッシングベスト3

審査の甘いキャッシングローンで高額借入はしない方がいい?

割と高額の借り入れをするときに、自分の収入が釣り合わなそうだと思った場合、多少金利が高くてもキャッシングを利用したほうがいいのでしょうか?返済が長期化する場合はキャッシングは不利だと聞いたのですが、ローンとキャッシングの判断の基準が知りたいです。

返済期間が3ヶ月以上ならキャッシングはやめましょう

キャッシングの利用で最も賢いのは、ちょっとだけ足りない分を補填するために借りて、一括ですぐに返済することです。借りっぱなしになったり、少しずつ返済していくような場合はキャッシングと相性が悪い利用方法です。こんな時は、キャッシングではなくて、カードローンなどを利用したほうが金利を低く抑えられます。

カードローンの方が審査が厳しいというのは事実です。そのため、カードローンだと審査に落とされることがありますが、キャッシングは収入さえあればほとんど審査には落とされません。そのため、返済能力に自信がない人はキャッシングに流れる傾向がありますが、それでもカードローンの審査は受けておくことです。キャッシングの返済が長期化するのは大きな損失になります。たとえカードローンの審査にはじかれるリスクを冒しても、まずはそちらを優先しましょう。

カードローンとキャッシングを使い分ける目安の一つが、今言った返済期間ですが、それともう一つあります。それが借入金額です。これは特に言うまでもないことだったので簡略化しますが、金利が高いということは、元金が多いほどかかる利率が大きくなるということです。低額をすぐ借りてすぐ返すのがキャッシング、高額を長期にわたって返済するのがカードローンという大まかな使い分けが出来るでしょう。

【参考ページはこちら】
クレジットカードのキャッシング枠が使えない場合はどうする?

審査の甘いキャッシングローンの考え方について

審査の甘いキャッシングローンと一概に行っても「全てに甘い」キャッシングローンはありません。全てに甘ければ、回収にたいする不安材料が多すぎて、法で定められている上限金利では危険度をカバーできなくなってしまいます。違法な高金利によって貸付を行う闇金は、審査など無いに等しく、かなり激甘です。回収出来れば御の字、回収できるところから暴利をむさぼるという経営方針になり、横暴さも当然のものと言えます。

しかし正規の業者は法律を厳守しますので、闇金のような乱暴な貸付を行うわけにはいきません。その健全性は厳密な審査によって支えられています。利用希望者が申し込みやすいように、それぞれの出来る範囲で甘い部分を設けています。自分の信用情報のどこに弱点があるのかをしっかりと把握して、その部分に審査の甘いキャッシングローンを選ぶとよいでしょう。

現時点で延滞などの債務問題を抱えているのであれば、借入ができるキャッシングローンは正規業者ではありません。また生活保護を受けている人も、利用はできません。この点が注意すべきポイントとなります。

申込条件が金融業者のHPなどで明記されています。年齢が若すぎるということが心配であれば、年齢制限が低い商品を選びます。収入が少ないことがネックであれば、収入制限がないという金融業者のキャッシングローンもあります。勤務年数や居住年数に制限がないものもありますし、勤務形態にも柔軟な商品も見られます。申込条件に着目すると「何について甘く設定している金融業者もしくは商品なのか」がみえてきますので、その観点からチェックしてみましょう。

また低金利のものは審査が厳しく、高めの金利のものは審査が甘いという傾向もあります。初めてのキャッシング利用ということであれば、一様に大手の金融業者は審査が柔軟です。また過去に債務事故を起こしたり自己破産の経験があると大手の禁輸業者で審査に通過することは絶望的ですが、中小の貸金業者の中にはそれを承知で積極的に契約を結んでいるものもあります。「ブラックに甘い貸金業者」と巷では言われますが、そういった会社は過去の事実には甘くても、現在の状況についての審査は厳しいものになります。
(⇒キャッシングのanyはブラックOK?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.