簡単に審査で通るキャッシング申込書の書き方ってあるの?

キャッシングをしたいのですが、審査でより簡単に通過するための申込書の書き方っていうのはあるんですか?キャッシングは比較的審査がやさしいと言われたんですが、それでも、もし落ちたらどうしようと不安になるんです。より確実にキャッシングを利用したいので、少しでも落とされにくい申込書の内容を教えてください。収入はあまり高くないんですけど、正直に書いたほうがいいですか?

申込書に嘘を書くことだけは避けてください

キャッシングの申し込み書は、基本的に情報に偽りがなく収入があることがわかれば、まず審査で落とされることはないと考えてもいいです。収入があまり高くなくても構いません。借入金額が不釣り合いに高くなければ問題にはなりません。そんなことより重要なのは、情報の信頼性についてです。キャッシングもそうですが、金融業者の貸金業は基本的に顧客との信頼関係によって成り立っています。信頼が高ければ、金利を低く出来たり、限度額を高くできたりします。信頼が低ければ、借入金額が少なくなったり、最悪審査で断られたりします。

このように、金融業者がどの程度顧客を信頼しているかということが、露骨にサービス内容に関わってくるのです。申込書というのは、その信頼を図る第一段階でもあります。そのため、相手の信頼を損ねるような行為、具体的には虚偽の情報の記載は絶対に避けるべきなのです。必ず、今の自分の状態を正直に記入しましょう。
(⇒キャッシング申込書の書き方が知りたい方はこちらへ

審査で通るキャッシングと通る理由について

審査で通るキャッシングと通らないキャッシングが有ります。キャッシングはお金を借りる事であり、キャッシングを利用する事で返済義務が生じます。返済は期日に利息と合わせて返済を行う事が必要で、1日でも遅れることで遅延損害金と呼ばれるペナルティー料を支払う事になります。遅延損害金は返済とは別に加算される物ですので1日遅れることで余計な出費になるので注意が必要なのです。

また、遅延損害金を支払った場合など、返済期日を過ぎて返済を行うと、個人信用情報に記録が残されます。個人信用情報への記録はその都度行われることになりますので、新たなキャッシングを利用する時に不利になるので注意が必要なのです。審査で通るキャッシングと言うのは、この個人信用情報の中に記録されている情報の内、お金を貸しても何ら問題が無いと言う場合を意味しています。

しかし、短期間に数社への申し込みを行ったりすれば審査に通り難くなります。キャッシングの審査では個人信用情報の照会を行うのですが、この個人信用情報には申込みを行った金融機関が情報を照会した事実が記録されているのです。例えば、4社に申込みを行えば、4社分の照会記録が残されますので、この申し込み者はお金に困っていると言った判断をされてしまい、審査に通り難くなるのです。
(⇒複数のキャッシングを契約することにメリットはある?

因みに、これを申込みブラックと言うのですが、短期間の中で3社に断れた場合は、1か月程度の期間は申込みを控えた方が良いと言われているのです。(こちらもご参考に→金融ブラックでもキャッシングできるの?)ブラックと言うとブラックリストを思い浮かべる人もいるかと思われますが、ブラックリストと言うのはリストが存在しているのではなく、金融機関が照会を行っている個人信用情報の中に、延滞の記録や、官報に掲載された破産の情報などが記録されている事を意味しています。
このような記録が残されている場合は、審査に通る事は難しくなるのが特徴なのです。

尚、審査で通るキャッシングは、過去に借金をした場合でも、月々の返済をきちんと行っている場合に通る事が可能になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.